« 【東京】野菜ソムリエによる「野菜教室」テーマ野菜:ベリー類 | トップページ | 【6/15大阪レポート】ズッキーニと仲良しに♪ベジフル生活で高血圧予防 »

【名古屋】7/21夏のトマトは、どう活かす? ~旬の栄養とうま味は、太陽から~

*こちらの講座は終了しました。開催の様子は下記の【開催後のレポート】をお読みください!

Cimg6818

いまや1年中手に入れることが容易な「トマト」ですが、
同じトマトでも季節によってどんな違いがあるのか、ご存知ですか?
1年中トマトはサラダで・・・ですか?

今回は、夏の太陽をいっぱい浴びた「夏のトマト」にスポットをあてて
本来の旬である「夏のトマト」の魅力を基礎知識とともにレクチャーします。
実際にトマトのうま味を活かした夏らしい調理法も、デモ&試食付きでご紹介。
トマトに秘められた自然のチカラを知りたい方、メニューがマンネリ化している方、
ぜひご参加ください。
今年の夏は、「トマトのチカラを知って食べる」を楽しみましょう。
皆さまのご参加をお待ちしております。

【開催日時】 7月21日(水)11:00~13:00

【講師】 近藤 香織(野菜ソムリエ・ジュニア野菜ソムリエベジフルクッカリー講師
                     パンと野菜の教室KAO-MARU主宰)
     http://www.geocities.co.jp/kaomaru_bread/ 

【場所】  協会本部名古屋教室 【MAP】
              名古屋市中区栄3-4-22 エフジー伊勢町ビル5F

【料金】  2,500円(税・教材食材費含)
 ※当日集金いたしますので、おつりのないようにお持ち下さい。
 ※お申し込み後、実施日1週間前よりキャンセル料(参加費)が発生いたしますのでご注意お願いします。

【定員】 25名

【開催後のレポート】

Cimg0371 

今回のテーマ野菜は、夏野菜の代表格ともいえるトマトです。

講義はまず、基本情報から見えてくるトマトの特性のお話からはじまりました。

1年中出回っており、比較的簡単に手に入れることのできるトマトですが
本来露地ものの旬は6~8月。

ではそもそも本来の旬って何?
旬以外の、他の季節に手に入れることができるのはどうして?

それらの疑問にも近藤さんがテンポよく答えていきます。

またトマトに含まれるうま味成分「グルタミン酸」を中心に
野菜や肉・魚に含まれるうま味成分や発酵によるその増加についてなどなど、
「うま味」の魅力にも迫りました。

そして後半は調理デモと試食です。

夏のトマトの美味しさをしっかり堪能していただくため
今回近藤さんが用意してくださったのは「タイ風 夏トマトの和え麺」。
使用するトマトはできるだけ完熟のものがよい、とのことで
今回もしっかり熟したトマトでのご提供です!

夏のトマトの魅力たっぷりの、皆さん大満足の2時間となりました。

Cimg0369_2

【参加者の感想】

・トマトの疑問が解決できました。深い知識が大変面白かったです。
・近藤先生のお話は、やっぱりいつも楽しいですね!!
・とても役に立つ内容で満足でした!色々なアレンジも教えていただけて参考になりました。
・とても楽しく、トマトについていろいろとさらに知ることができた。生が好きで生だけで食べていましたが、生と加熱で食べたほうがいいとも知りました。
・トマトについての知識が豊かになった。
・詳しいトマトのお話を、なぜそう育てるとおいしいのか、なぜそう調理するのがおいしいのか、
という理由まで理解することができて、勉強になりました。
トマトの和え麺、オシャレなアレンジでおいしかったです。
・毎日食べているトマトですが、今日は新しいレシピを知ることができました。もっと時間が欲しいと思う講座でした。先生のお話はとても解りやすく楽しい講座でした。ありがとうございました。試食美味でございました。
・楽しく受けることができました。ジュニアの講義で習っていたのに忘れていた事、新しく分かった事、勉強になりました。忘れないよう復習します。ありがとうございました。
・普段自分で調べるだけでは解らないことなどが知れてよかったです。