近畿・中国・四国地区新規開講スケジュールのご案内

  • 近畿・中国・四国地区新規開講スケジュールはこちら

大阪支社FACEBOOK

デジタルカタログ

  • 野菜ソムリエへの転機はこちら

野菜ソムリエ★ナビ

  • 野菜ソムリエブログリンク集 野菜ソムリエ★ナビ

大阪支社Twitter

野菜ソムリエ養成講座

  • 野菜ソムリエ養成講座

Copyright(C)

  • 2011 Japan Vegetable Sommelier Association All Rights Reserved.

日本野菜ソムリエ協会へ

2016年12月14日 (水)

わたしのベジフルライフ #35 伊藤 節子(いとう せつこ)さん(島根県)

わたしのベジフルライフでは
自分なりの素敵なベジフルライフを送られている方にスポットを当て
その方のベジフルライフについてご紹介していきます。

ジュニア野菜ソムリエ
♯35 伊藤節子(いとうせつこ)さんのベジフルライフ

島根県松江市の山のてっぺんで、ご両親と3人で野菜農家をされています。
葉物を中心に夏はトマト、冬は大根など色々な野菜を作っており、
販売はほとんど市場出荷ですが、直接お客様の顔を見て販売したいと思われ、
数年前からイベントなどで野菜や漬物の販売などもされています。

1480375727191 1480375789320


今回は野菜ソムリエコミュニティ島根のメンバーとしても
活躍中の伊藤さんのベジフルライフをおうかがいしました。


受講のきっかけは?

ジュニア野菜ソムリエを受講したきっかけは、その頃はまだ農家の知り合いも少なく、
近所の農家はすでに高齢の方が多く、昔からのやり方で毎日淡々と農業を続けていくことに少し不安を持っていました。

受講をきっかけに新しい出会いや知識を身につけたいと感じたからです。


受講後の変化や活動について

受講後は農業につながりのある方やまったく違う業種の方とも沢山お知り合いになれました。勉強した野菜の大切さを小学校でお話ししたり、自分で育てた野菜を使って、
ジュニア野菜ソムリエのパティシエさんと「親子すいーつ教室」を開催したり、
イベントで販売も行っています。

 1480376007847  1480375847893_2



これからの目標

農家にしかできない、新鮮野菜のみずみずしさや、野菜本来のおいしさを
皆さまに伝えていけたらと思っています。
野菜にも沢山の形や色があり、見た目だけにとらわれない「中身重視!!」の良さを
伝えたいです。

野菜嫌いの子供達に、自分で育て、収穫して調理して「食べる」喜びを感じて
もらえるような活動もしていきたいです。 

1480375762254



読者の皆様へのメッセージ

最後にメッセージをいただきました!

自身がジュニア野菜ソムリエを受講し、沢山の方と出会い「輪」が広がりました。
専門的な知識も勉強が出来て、野菜や果物への愛着がさらに深まりました。

娘と野菜の事について話す機会も増え、来年、娘が農業関係の学校に進んでくれます。
将来、娘も野菜ソムリエの資格を取ってくれたらいいなと思っています。

将来、島根で親子野菜ソムリエが誕生する日が楽しみですね。

伊藤さん、ありがとうございました!

伊藤さんも受講されたジュニア野菜ソムリエ講座を島根県でも開催します!
週末短期開講です★ 詳細はコチラ

2/11(土)には無料体験レッスン付きの説明会も実施★
お申込みはコチラより。ご参加お待ちしております!

2016年10月27日 (木)

野菜ソムリエのいるお店『Pan Tota(パントタ)』

本日は、大阪市都島区にある「Pan Tota(パントタ)」さんのご紹介です。

お店にはジュニア野菜ソムリエ亀岡貴子(カメオカタカコ)さんがいらっしゃいます。
大通りから一本、奥に入った住宅街の中にある、とてもかわいいパン屋さんです。

亀岡さんにお話をお伺いしました。

Img_2495_2  Img_2551_3



~お店のコンセプトを教えてください~
『素材を大切に、身体に優しいパンや焼き菓子を焼いています。

卵・乳製品は使用していません。
白砂糖も使わず素焚糖・甜菜糖・黒糖を使ってます。
ドライフルーツもオーガニックのものを使用しています。

Img_2365_2 Img_1976



~お店の特徴を教えてください♪~
自家製天然酵母でゆっくり発酵させた噛みごたえのあるパンと
素朴な焼き菓子がならぶ小さなお店。

ハード系のパンのみですが、サンドイッチにしたり
お料理と一緒に召しあがっていただけたら嬉しいと思っております。
もちろんそのまま食べても味わい深くおやつにもなります。

Img_2201  Img_1688_4





~野菜ソムリエとのきっかけは何ですか?~
「雨音」のオーナー西野さんと出会い、憧れがきっかけでジュニア野菜ソムリエを受講しました。
今では「雨音」さんと一緒に季節の野菜・果物を使ったジャムを作り、お店で販売しており、今月から販売しているフレーバーは「バターナッツカボチャとみかんのジャム」です。

Img_2535_2 Img_2493_3  Img_2408



~今後の目標を教えてください~
野菜や果物を使ったパンや焼き菓子のメニューも少しづつ充実させたい。

いつも丁寧に心を込めて美味しいものを焼き、お客様にわざわざ足を運んでいただけるようなお店にしていきたいと思っています。

「雨音」さんでベーグルを使っていただき季節のサラダやジャムの軽食がいただけますよ。

亀岡さんのこだわりや、やさしい思いがたくさん詰まった、美味しいパンが味わえます。
ぜひ、皆さまお店にお立寄りください!!

Img_2392  Img_2556  Img_2504

『Pan Tota(パントタ)

 住所    : 大阪府大阪市都島区都島本通2-6-4
 電話番号 : 06-7181-4093
 営業時間 : 12:00~売切次第終了
 定休日   : 木曜日・金曜日・土曜日
 お店    : ページ

2016年10月12日 (水)

野菜ソムリエのいるお店『野菜家 きょうちゃん』

本日は、京都府長岡京市にある
「野菜家 きょうちゃん」さんのご紹介です。

野菜ソムリエ倉松京子(クラマツキョウコ)さんのお店です。
オープンしたばかりの野菜料理がたくさんある居酒屋さんです。。
倉松さんの作る、美味しい野菜料理が食べれるとても素敵なお店です。

倉松さんにお話をお伺いしました。

161004200933048_deco_1


~お店のコンセプトを教えてください~

「野菜がいっぱい食べられる身体にやさしい居酒屋」

Dsc_0014   Dsc_0026

~お店の特徴を教えてください♪~

いろいろな種類の旬菜を使った家庭料理(おばんざい)を大皿に並べ、
すきなものをお客様に選んでいただくスタイルです。
また、野菜を食べるための魚料理や、肉料理もメニューとしてご用意しています。

  
Kyochan_01

~野菜ソムリエとのきっかけは何ですか?~
私は、以前から家庭で作る料理はいつも野菜中心のものでした。
家族が大人数だったころ、たくさんの種類の野菜で
いろいろな料理を考えたり、教えてもらったりして
いつも生活の中に野菜がありました。


そんな中、だんだん家族も減っていき野菜を使った料理を
考える事も、
使うことも減っていき、
なにか物足りない毎日をおくるようになっていきました。

そうしているうちに、自分の中でいろんな人に野菜料理を作りたい!
という気持ちが芽生えていきました。
いろいろに人に野菜料理をたべてもらうには、
まず自分が野菜についてもっと勉強しなくてはならない!
と思い、
野菜ソムリエになろうと決心しました。


野菜ソムリエになった今、自信を持ってその野菜を
お客様にオススメすることができます!
!また、お客様も野菜ソムリエとしての私の言葉を
真剣に聞いてくださって積極的に野菜を食べようとしてくださいます。

~今後の目標を教えてください~

私自身の目標として、お客様が私の言葉に耳を傾けてくださる様子を目の当たりにして、
野菜について・料理についてさらなる知識が必要であることを痛感しています。
新しい野菜や旬菜一つ一つに対してもっと勉強していこうと思っています。

私が作る料理は本当にただの家庭料理です。
でも、食材の豊富さや手間はかかっています。

仕事帰りに、軽く立ち寄って健康的なお料理とお酒で
ほっと一息ついてもらうのが私のお店の願いです。

そのために新鮮で旬な野菜をふんだんにつかった料理を
もっと研究し、その野菜についていろいろな情報を雑談として
楽しくお客様に発信していきたいです。

また、今後は地産地消を目的として地域の農家の方たちと
交流をもって野菜を仕入れていきたいと思っています。

Dsc_0017   Dsc_0022


倉松さんの優しい人柄が感じられる料理を食べに、皆さん行きませんか?

『野菜家 きょうちゃん

 住所: 〒617-0833 京都府長岡京市神足1丁目2-4
  電話番号 : 075-203-9090
 営業時間 : 17:00~23:00
 定休日   : 日曜日
 お店    : http://kyo-chan.info/ 

2016年10月 5日 (水)

■認定料理教室『お料理サロン☆エトワール』

『認定料理教室紹介』では、
大阪支社スタッフがオススメする
日本野菜ソムリエ協会認定の料理教室をご紹介していきます♪

T01500218_01500218136594467241_4

今回は大阪府堺市のジュニア野菜ソムリエと
ビューティーアドバイザーを取得された木村通子さんが
主宰される料理教室『お料理サロン☆エトワールです。

★教室のコンセプトと特徴は★

『簡単なのにオシャレで美味しい』」をコンセプトにしたおもてなし料理サロンです。

どなたでも気軽に楽しめるおもてなし料理やテーブルコーディネートをご紹介しています。
またインナービューティーをテーマにした体がきれいになるレシピも大変人気です。

★野菜ソムリエとして心掛けていること★T02200294_04800641136490642891_3

「野菜は体に良いので食べましょう!」という考えだけではなく
おもてなしの一皿には、色とりどりの野菜が美味しさを
演出しています。
見て美しい、食べておいしい、そして体に嬉しい。
野菜は体に良い事はもちろん、心の豊かさにもつながることを伝えていきたいです。

★これからの目標★

引き続き、お一人お一人を大切に、アットホームな雰囲気の中でのレッスンを続けていきたいと思います。
子供が成長し手が離れるころには
夜のレッスン「ワインとともに楽しめるおもてなし料理」を開催したいです。

将来的には、自宅サロンでのレッスンをベースに
セミナーや講演会の講師としても活動していきたいと思っています。
野菜が織りなす、健康や美味しさ、そして心の豊かさをテーマに
みなさまに、野菜の魅力をより身近に感じていただけることを願っています。

木村さんのセンスが光るお料理教室です。お近くの方、ぜひご参加いかがですか。

T02200128_08000465134591126961_5    T02200165_02200165134657204651_2    T02200165_04800360135124433131

Line_2

Resipiお料理サロン☆エトワールより
~「梨のコンポート」
 

Photo_7

【材料】

梨 2個 
砂糖80g 
白ワイン80cc 
水2カップ 
レモン汁大さじ2

 

【作り方】
①梨の皮をむき、16~24等分のくし切りにする
②鍋に砂糖、白ワイン、水を入れて火にかけ沸騰させ、
  1の梨を入れ約7~10分煮る
③粗熱が取れたらレモン汁を入れて冷蔵庫で冷やす。
ポイント・・・梨の大きさに合わせて煮る時間を加減してください。

◆今回ご紹介した料理教室
【お料理サロン☆エトワール】大阪府・堺市
http://ameblo.jp/etowa

2016年9月21日 (水)

わたしのベジフルライフ #34 渋谷 隆子 (しぶや たかこ)さん(大阪府)

わたしのベジフルライフでは
自分なりの素敵なベジフルライフを送られている方にスポットを当て
その方のベジフルライフについてご紹介していきます。

野菜ソムリエ
♯34 渋谷隆子(しぶや たかこ)のベジフルライフ

スーパーマーケット「ライフ」の新業態として
6/25にオープンしたばかりの
ナチュラルスーパーマーケット「ビオラル靭店」
野菜ソムリエの資格を活かして活躍中の渋谷隆子さん。

今回は特別にビオラル様にご協力いただき
渋谷さんのベジフルライフを密着取材してきました!

“BIO-RAL”とは、ドイツ語「BIOLOGISCH(有機の)」
英語「NATURAL(自然)」からなる造語で、
「オーガニック」「ローカル」「ヘルシー」を大切に

有機野菜や特別栽培農産物、農家さんの直売所をはじめ、
オーガニックの加工食品や化粧品も販売されている話題の業態です。

店内に入ると、目の前に青果売り場がひろがります。
野菜ソムリエの渋谷さんが、元気にお迎えしてくださいました!


Shibuya_1
制服もナチュラルな雰囲気で統一されています。

Shibuya_2_2
店内には有機野菜や農家さんの産直野菜をはじめ、
絞りたてのピーナツバターや、こだわりの調味料などが並んでいます。


Shibuya_3
オーガニック製品には「オーガニック」のマークがあり、一目で分かる工夫も。

受講のきっかけは?

以前は別のスーパーの青果部門で働いていた渋谷さん。

当時は野菜・果物に特別な意識はなく、
青果部門で働くことになったのも偶然だったそう。

そんな渋谷さんですが、
毎日お客様や野菜・果物と触れ合うなかで
「もっとお客様の疑問に応えたい」「もっと野菜・果物の魅力を伝えたい」と思い、
自分のスキルアップのために、野菜ソムリエの資格を取得されました。

知識が深まり、自信を持って伝えられるように

野菜ソムリエの講座を受講してから、
自分自身の知識が深まったことで自信がつき、
お客様からの質問に積極的に答えられるようになったそう。

また仕事だけではなく、ご自身の生活においても、
一部の苦手意識のあった野菜にも果敢にチャレンジし、
食べられるようになったとか。


自らが野菜・果物を楽しむ気持ちが、お客様に伝わり、
実際に手に取り、購入される方が増えました、と教えてくださいました。



新業態でのチャレンジアップ

そんな渋谷さんですが、さらなるスキルアップを求めて
ライフの新業態「ビオラル」という新天地で、活躍されています。

特に青果売り場では、
有機野菜などを扱う「ナチュラルオーガニック」コーナーの他に
提携農家から直送される「農家さんの直売所」コーナーもあるため、
初めて見る野菜や、知らない事も多く、「毎日が勉強です」と、渋谷さん。

より食や健康への関心が高いお客様のニーズに応えるため
「どう伝えれば魅力的に伝わるか」を、日々試行錯誤しておられます。

当日インタビューに同席くださった副店長の廣畑さんは
「渋谷さんは、野菜ソムリエとしての元々の知識があるので助かります。
ビオラルは始まったばかり。お客様と一緒に考え、一緒に育てながら、
地域に密着した、愛されるお店にしていきたい
」と、お話しくださいました。

Shibuya_4
副店長・廣畑さんオススメのお惣菜コーナー。
店内で精米したお米を炊き上げた「手作りおにぎり」や
「みどりのごはん」「薬膳弁当」など、こだわりのお惣菜が並んでいます。


読者の皆様へのメッセージ

最後に読者の皆様にメッセージをいただきました!

野菜ソムリエ講座で吸収した知識は、必ず自分の「自信」に繋がります。
ぜひ資格取得を目的とせず、自分のために、楽しく学んでください。


そして「ビオラル靭店」にぜひお越しください。

毎朝、スタッフ自ら仕込む(もちろん渋谷さんも!)
野菜・果物のジェラートもご用意して、お待ちしております!


Shibuya_5

野菜ソムリエの資格取得をきっかけに、新天地で日々奮闘中の渋谷さん。


自分自身が「野菜・果物をたのしむ」気持ちを大切に、
常にお客様と、真摯に向き合っておられる姿勢がとても印象的でした。

皆さんも「自然を感じるくらし」を再発見できる
ナチュラルスーパーマーケット「ビオラル靭店」に足を運んでみてください。

渋谷さん、ビオラル様、お忙しい中ありがとうございました!

■ビオラル靭店
・住所:大阪市西区靱本町 3-5-18(地下鉄「阿波座駅」より徒歩数分)
・営業時間:10時~22時

■ホームページ
 
http://www.lifecorp.jp/store/bio-ral/

2016年9月20日 (火)

15周年記念パーティ『Enjoy Vegefrulife!』in大阪 レポート前編

9月17日(土)、15周年記念パーティ
『Enjoy Vegefrulife!~いま、伝えたい それぞれのベジフルライフ~』
をホテルユニバーサルポートで開催いたしました!!

「ええねん!野菜ソムリエ!」をテーマに、皆さまのベジフルライフの楽しみ方をシェアしたり
交流を深めてもらい、これからもっともっとベジフルライフを楽しんでいただくためのイベントです♪♪

1  2_2


秋津MGRからの開催あいさつに続き、第1部「ええねん!野菜ソムリエ!」スタート。
3部門に分けて、皆さんのベジフルライフを発表してもらいました!!

まずは「この野菜がええねん!!」部門。エントリーは4組。
・シニア野菜ソムリエ 西野慎一さん
・ジュニア野菜ソムリエ 古谷栄樹さん、古谷裕子さん 
野菜ソムリエ 児玉和則さん 
野菜ソムリエ 宮坂敏史さん

3  4

5  6

トップバッターの西野さんが「つるむらさき」をラップを交えて楽しく紹介してくれました!
会場の皆さんも一緒になっての「ええねん」×「ええねん」コール。とっても盛り上がりました。他にもえごまや柿などみなさんの野菜に対しての愛を感じました。
  


続いて「こうやって食べたらええねん!」部門。エントリーは3名。
・ジュニア野菜ソムリエ 金田美佐さん
・野菜ソムリエ 奥田佐智子さん 
・野菜ソムリエ 寺井朱星さん

7 8_2 9

柿、いちじく、ズッキーニそれぞれおすすめの食べ方、とっても参考になりました。皆さんも熱心にメモをしていました。

次の部門に移る前に、ちょっとブレイク。
キッズ野菜ソムリエが登場。好きな野菜を発表してもらいました。
「お母さんのつくる野菜料理、全部!!」なんて、素敵なご意見もいただきました❤❤

1_2 2_3


最後は「とにかく楽しいからええねん!」部門。エントリーは最多の8組でした。
野菜ソムリエアンバサダー KIYOMIさん
・ジュニア野菜ソムリエ 笹川オトメさん 
・シニア野菜ソムリエ 西村秋保さん
野菜ソムリエ 田邉佳子さん
・ジュニア野菜ソムリエ 池本早希さん
野菜ソムリエ 飯間奈緒さん、キッズ野菜ソムリエ 飯間駿也くん
野菜ソムリエ ベジフルフラワーアーティストプロフェッサー 土谷千鶴さん
・野菜ソムリエコミュニティ阿波支部 重清純子さん 近藤啓介さん 篠原えり子さん

3_3 4_3
5_2 6_2
1_3 2_4
3_4 4_4

アートや人とのつながりなど、野菜ソムリエを通じて感じ皆さんの「ええねん!」が伝わる発表でした。特に、キッズ野菜ソムリエの飯間駿也くんの大人顔負けのしっかりとした発表が印象的でした!!

ここまでが前編です。続きは後編をご覧ください。

15周年記念パーティ『Enjoy Vegefrulife!』in大阪 レポート後編

『Enjoy Vegefrulife!~いま、伝えたい それぞれのベジフルライフ~』
レポート後編です。

阿波支部から白いナス「美~ナス」をプレゼンントいただきました!!
福井理事長とのじゃんけん対決。勝った方に「美~ナス」がプレゼントされました。
みなさんかなり白熱されていました!!

さらに、ここで福井理事長からも野菜・果物の楽しみ方をお話しいただきました。
なんと、3バージョンもありました。皆さんの一番人気だったお話は今後どこかで聞くチャンスがあるかもです♪皆さん楽しみにしていて下さい。
どのバージョンもとてもいいお話でした。ちなみにわたしは「白菜のお話」が好きでした。

2_6  1_5


続いて、協賛品紹介。
岡山県赤磐市の拝郷さまから、ぶどうと赤磐の魅力についてお話しいただきました。

2_8  3_5

今回のイベントには他にも多くのご協賛をいただきました。
・岡山県赤磐市さま(シャインマスカット、オーロラブラック、ピオーネ)
・広島県世羅幸水農園さま(豊水梨、梨加工品)
・徳島県さま(すだち)
・JA鳥取中央さま(倉吉極実西瓜)
・明日香村地域振興公社さま(つるむらさき)

改めて、ご協賛いただいた皆さま本当にありがとうございました。

ここからは第2部「交流会」スタート。
野菜ソムリエアンバサダーKIYOMIさから乾杯のご挨拶をいただきました。

みんなで、乾杯の後はお食事&交流スタート。
皆さん、話しに、食事にと盛り上がっていました♪♪
協賛品の一部もお召し上がりいただきました。

会場には「協賛品コーナー」や「やさ活コーナー」を設置。
さらに、土谷千鶴さんのベジフルフラワーが華を添えてくれました。

11  12_2

20  13

Img_3806_2


ここで、本日のもう一つの目玉として、大阪支社発行小冊子のお披露目をさせていただきました。タイトルはずばり!! 「EENEN!野菜ソムリエ」
野菜ソムリエの魅力がいっぱい詰まった冊子です。
野菜ソムリエに興味がある方へぜひ見てもらいたい内容となっています。
ご協力いただいた野菜ソムリエの皆さん、ありがとうございました!!

さらに、ここで福井理事長からも「アスリートフード実践BOOK」のお披露目がありました。
アスリートの食事についてわかりやすく解説されています。幻冬舎から、9月23日(金)発売されます。みなさん、お近くのコンビニやネットでぜひ!!

1_6  2_10


最後にみんなで、記念撮影。

56


皆さんのベジフルライフがより楽しいものになるとともに、もっともっと野菜果物を楽しむ社会となるように、これからの皆さまのご活躍を願っております。

みなさん、ご参加ありがとうございました!!

2016年9月14日 (水)

【レポート】キッズ野菜ソムリエお仕事体験第4弾

9/11(日)キッズ野菜ソムリエ お仕事体験第4弾を開催しました!

数日前からの予報が雨で、天候が心配されていましたが、
当日は見事な晴れの良いお天気となりました!

キッズ野菜ソムリエ7名とそのご家族にご参加いただきました。

自己紹介をした後は、さっそく収穫体験!
2_2

はじめに平城グリーンという品種のオクラを収穫しました。
収穫に適した大きさのオクラ、どこにあるかな?
2

ばっちり収穫できました!
Photo_8


続いてツルムラサキ。
どのあたりでカットすればよいか、先生に教えてもらい、
みんな上手に収穫できました。
Photo_9

続いてはトラクターで畝を作る様子を見学。
間近で見るトラクターは迫力満点!土をどんどん掘り起こしていきます。
Photo_10

続いては伏見甘長、こどもピーマン、紫とうがらしの畑です。
2_4

こどもピーマンは赤く完熟してひび割れの線が入っているものが
フルーティで甘くて美味しいと先生に教えてもらい、みんな収穫しながら、
「ガブリっ!」と試食。
Photo_11

11_2

12_2

本当に甘くて果物みたい!
ひび割れの線のせいで、なかなか売り場にあっても買う人がいないそうですが、
これはもったいない!美味しいと知った私たちはラッキーですね♩

沢山収穫できました!
13


そのあと、ナスとミニトマト、丸オクラのエメラルドを収穫。
15

ミニトマトも収穫しながらパクパクとお口に消えていきました(*^_^*)
真っ赤に熟したトマトは味が濃く、甘くて美味しかったですね。
Photo_15

そして、いよいよお楽しみの昼食!
みんなで収穫したオクラやツルムラサキを天ぷらにしていただきました!
Photo_16

また、本当はこの日収穫するはずだったトウモロコシも鉄板で
焼いていただきました。
今年は例年より暑い日が続いたため、予定より成長が早まってしまったとのこと。
自然が相手なので、こればっかりは予定通りにはいきません。

自然相手に野菜を育てることの大変さ、苦労も教えていただくことができました。

お昼の後は、先ほどトラクターで畝を作っていただいた畑で
葉にんにくの植え付けをしました。

植える向き、深さ、間隔などを先生に教わりみんなで植えました。
18

これから芽が出て育っていくのが楽しみですね♩

19

そして最後にみんなで記念撮影!

今回も日常ではなかなかできない体験を沢山させていただきました。
そして新たな発見もありましたね。

みんなで収穫をして、ご飯を食べて、植え付けをして、カエルも捕まえて!
とても楽しい1日でした!

お世話になった鎌田ファームの鎌田さんご夫妻、
ナビゲータの西野慎一先生、本当にありがとうございました!

2016年9月13日 (火)

わたしのベジフルライフ #33 土井コマキさん(大阪府)

わたしのベジフルライフでは
自分なりの素敵なベジフルライフを送られている方にスポットを当て
その方のベジフルライフについてご紹介していきます。

野菜ソムリエ
♯33 土井コマキのベジフルライフ

Doikomaki200_4


FM802のラジオDJとして活躍中の土井コマキさん。
その他、VJ、MC、書き物、イベント企画など、
音楽を真ん中に活動中の、素敵な野菜ソムリエさんでもあります。

今回はそんなDJ土井コマキさんのベジフルライフをおうかがいました。


受講のきっかけは?

飲食店を始めようとしていた友人と
いろいろ話していた時、ネットで野菜ソムリエを発見。
そのまま盛り上がって2人でジュニア野菜ソムリエを受講したそう。

仕事に活かすための資格が欲しいというよりは、
ジムやヨガに通うのと同じでカルチャースクール気分で通い始めたとか。

ジュニアを取得したのち、
もっと深いことを知りたくなって、中級の野菜ソムリエを取得されました。


受講後の変化は?

野菜ソムリエになってからリスナーの反応に変化はありましたか?との質問に
「野菜ソムリエの土井コマキ」としての番組をしていないので、
直接的なことはわかりません。と前置きしながらも
ご自身の中で大事な変化があったと教えてくださいました。

そもそも自分の発言に説得力を持たせるための
「肩書き」としての「野菜ソムリエ」ではないと思っています。
と、土井さん。

講座のなかで野菜について学ぶうちに野菜について、野菜を作る環境について、
他の1次産業について、暮らしていく世の中について…と興味が広がって
仕事においても、いろんなところに積極的に取材に行くようになったとか。

2

「野菜は暮らしと寄り添っています。生き方と繋がっています。」

「食べることは誰でも興味があることですし、野菜をきっかけに
毎日が少し楽しくなるような情報を、より広く楽しく伝えられるように。

音楽を伝えるラジオDJらしい形の『楽しく食に触れ合える機会』
提供できているかなと思います。まだまだこれからですが!」 との言葉に、

土井さんにしか表現できない野菜ソムリエの姿を感じました。


野菜ソムリエの魅力とは?

最後に土井さんからみる野菜ソムリエの魅力について、うかがいました。

「何を食べるのか」というのは
自分の体のためだけでなく社会のためにも、とっても大事なこと。


選んで食べるというのは、ある意味、投票権みたいなものです。


栄養素など誰でも調べたらわかること以外の
「野菜」のプロフィールを楽しく提供することは、
世の中の仕組み・価値観が大きく変わりつつある今、
世直しのお手伝いなんじゃないかと思っています。

野菜をきっかけに暮らしていく世の中への興味が深まった土井さん。

DJ土井コマキさんの言葉を通して、ひとりでも多くのひとに
野菜のたのしみ、食べるたのしみが伝わって、毎日が少し楽しく、ときめくように。

飾らない言葉の中にも確かに感じる、ゆるぎない土井さんの想いに、
暮らしに根ざした中にある素敵なものを、
私たち野菜ソムリエも守っていかなければいけないと、改めて思うのでした。

突然のインタビューにも
快くご協力くださった土井さん、本当にありがとうございました!

FM802 DJ土井コマキさんの番組はもちろん
産地ツアーやカフェライブイベント等、
魅力的でたのしい活動にもぜひぜひご参加ください。

3

■現在のレギュラー番組
・FM802MIDNIGHT GARAGE(毎週火曜日24:00-27:00)
・FM802BEAT EXPO(毎週水曜日・木曜日19:00-21:00)


■ホームページ
MEGANE GO! ROUND!

2016年9月 7日 (水)

■認定料理教室『sacchin-kitchen Colza(コルサ)』

『認定料理教室紹介』では、
大阪支社スタッフがオススメする
日本野菜ソムリエ協会認定の料理教室をご紹介していきます♪

Img_1856_3

今回は兵庫県川西市の野菜ソムリエ&アスリートフードマイスター2級の奥田佐智子さん主宰料理教室『sacchin-kitchen Colza(コルサ)です

★教室のコンセプトと特徴は★

『季節と身体に寄り添いながら、身体に優しい食材と調理法で、身体も心も元気になれる料理教室

素材の味を生かす調理を心がけおり、塩麹、甘酒、味噌などの発酵食品や季節の果物、ナッツ類を使うことによって、薄味で旨みのあるお料理を作ることが出来ます。さらに素敵な器に素敵に盛り付けることも大切にしています。

生徒さんが身体に優しいお料理を食べて元気になって、癒され、お料理に対するモチベーションが高まり、次の日からの活力になればとても嬉しいです。「ここに来たら次の日から料理が頑張れる」、「家族が喜んでくれた」という声を励みに頑張っています。

アスリートフードマイスターであり、現役市民ランナーでもありますので
食と運動が健康につながることについてもお話させていただいています。
スポーツをする家族のサポートをしている方達の情報交換の場にもなっています。

★野菜ソムリエとして心掛けていること★

旬の野菜をふんだんに使い、毎回使用した野菜を並べて撮影。皆さんにお見せするようにしています。 
扱う野菜の効能は必ずお伝えするようにしています。
美味しい食べ方、下処理の仕方などもレシピに記載するようにしています。

★これからの目標★

心も身体も元気になれる食の集いの場を作りたいです。
カフェ兼料理教室の店舗を構え、そこを拠点に様々なイベントを企画し
ワークショップとのコラボなど、食を超えたつながりを広げてゆきたいです。
身体に優しいをコンセプトに、料理が楽しいと思えるような企画をたくさん
考えていきたいと思っています。
また、自分自身も
しっかり食べて、何歳までフルマラソンが走れるか試してみたいです。

奥田さんの元気がもらえる料理教室。お近くの皆さまぜひご参加ください。   

  Photo_9 Photo_6 Photo_10


Line_2

Resipisacchin-kitchen Colza(コルサ)より
夏のアスリートな丼〜♪ 牛もも肉の甘辛丼
 

Img_2077_2

【材料】(2人分)

■アマランサス入りごはん…200g×2

①牛の甘辛焼き
 牛もも肉…200g
 きび砂糖、醤油、酒…各大さじ1/2
 片栗粉…小さじ1
 ごま油…適量
 
②ズッキーニと舞茸とピーマンの塩麹炒め
 ズッキーニ…120g
 舞茸…80g
 ピーマン…2個
 ごま油…適量
 塩麹…小さじ1
  
③トッピング
 海苔・ごま・卵・みょうがの甘酢漬け
(縦半分に切ってサッとゆでたものをすし酢につけておく)


【作り方】

①牛の甘辛焼きを作る
  牛もも肉は細切りし、きび砂糖、醤油、酒、片栗粉をもみ込んでおく。
  熱したフライパンにごま油を入れて中火で炒める。

 

②ズッキーニと舞茸とピーマンの塩麹炒めを作る
  ズッキーニは短冊切り、舞茸は手で細かくほぐす。
  ピーマンは半分に切って種を取り、横1㎝幅に切る。
  熱したフライパンにごま油を入れて、切った野菜を炒める。
  仕上げに塩麹で味をつける。

 

③丼にご飯をいれ、②を全体に盛り付け、①を中央に盛りつける。
  真ん中に卵を割り入れ、海苔、ごま、みょうがの甘酢漬けの微塵切りをトッピングする。

【食材効能】
アマランサス…ミネラルを多く含むスーパー雑穀
塩麹…消化を助ける
牛もも肉…たんぱく質、鉄分
ズッキーニ…ビタミンC、βカロチン
舞茸…ビタミンB1、B2
ピーマン…ビタミンC、βカロチン
海苔…ビタミンC、鉄分
ごま…ビタミンE、抗酸化作用

◆今回ご紹介した料理教室
sacchin-kitchen Colza(コルサ)】兵庫県・川西市
http://ameblo.jp/sacchin-colza/

«わたしのベジフルライフ #32 今井 優成(いまい ゆうせい)さん(岡山県)

このブログについて

  • 日本野菜ソムリエ協会大阪支社のブログです。
    大阪支社で担当している地域の野菜ソムリエ情報をお届けいたします。
    なおブログ上でのコメントへの返信は控えさせていただいておりますのでどうぞご了承ください。

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31