近畿・中国・四国地区新規開講スケジュールのご案内

  • 近畿・中国・四国地区新規開講スケジュールはこちら

大阪支社FACEBOOK

デジタルカタログ

  • 野菜ソムリエへの転機はこちら

野菜ソムリエ★ナビ

  • 野菜ソムリエブログリンク集 野菜ソムリエ★ナビ

大阪支社Twitter

野菜ソムリエ養成講座

  • 野菜ソムリエ養成講座

Copyright(C)

  • 2011 Japan Vegetable Sommelier Association All Rights Reserved.

日本野菜ソムリエ協会へ

2021年6月24日 (木)

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆  vol.7【オフィスコミュニティまるたま】

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆

野菜ソムリエを取得した修了生が中心となって活動する協会認定の
地域コミュニティ、野菜ソムリエコミュニティ。

現在全国49カ所、海外1カ所の計50カ所で発足し、地域ごとに様々な活動をされています。

今回は「野菜ソムリエオフィスコミュニティまるたま」をご紹介。

「野菜ソムリエオフィスコミュニティ」とは地域のコミュニティではなく、
野菜ソムリエの資格を最大限活用し社会に価値を発信できるよう、
企業内の野菜ソムリエで構成される職域コミュニティとして2018年6月に発足しました。

まだオフィスコミュニティは全国でも2団体しか発足していません。
それではご覧ください!

◆野菜ソムリエオフィスコミュニティまるたま◆

「野菜ソムリエオフィスコミュニティまるたま」は総合フードサービス業である
「マルタマフーズグループ」で働く野菜ソムリエ有資格者約100名が所属しています。

2018年6月、日本野菜ソムリエ協会からお声かけをいただき、全国で初めて
企業内につくった野菜ソムリエのコミュニティです。

マルタマフーズグループは800を超える病院、高齢者施設、保育園、企業や学校の食堂で
毎日食事を提供しております。そのため、コミュニティには栄養士、調理師をはじめ、
食に関わる資格を持っているメンバーがたくさん活躍しております。

活動方針は会社の経営理念と同様、「食を通して社会に貢献する」。

野菜を取り入れた「レシピコンテスト」の開催や「防災レシピ」の開発などを行い、
高齢者の「健康寿命」や、日常における「防災」について社内外に広く発信し、
社会貢献につなげる取り組みを行っています。

コミュニティの活動は、食に関連する会社としての最大の強みである
様々な大手メーカー様とのつながりを大切にし、共感をいただいた企業様に
協力をいただいております。

◆これまでの活動◆

●2018年10
「第一回からだいきいきレシピコンテスト」を開催。
「野菜を食べて健康寿命を延ばす」をテーマに「高齢者が喜ぶ秋の野菜をつかった晩ごはん」の献立レシピを募集、
全国の野菜ソムリエの方々からもたくさんのご応募をいただきました。
本社で開催した表彰式には福井理事長にもお越しいただき大盛況でした。

●2019年5
世界遺産・唐招提寺(奈良県)の境内にて野菜を含む食品の販売をさせていただきました。
当日は、お寺の年間行事「うちわまき」のイベントがありたくさんの参拝者にご購入いただきました。
1_202106151724023_20210615172701

●2019年91
「防災の日」に阪急百貨店大阪店のイベントホールで開催された「防災グッズ展」()災害防止研究所主催)に参加。
食のエリアを担当し、災害時にも野菜をうまく取り入れながら備える「ローリングストック」について情報を発信しました。
同時開催で「第二回からだいきいきレシピコンテスト」の表彰式を開催。
野菜をつかった「防災レシピ」を募集しました。このイベントでは、
日本野菜ソムリエ協会だけでなく、農林水産省、大手メーカー、全国の野菜ソムリエの方々にもご協力をいただき、
私たちもたくさんの学びを得ることができました。

2_20210615172401
1_20210615172401
4_20210615172401
3_20210615172401


その後、コロナ禍となったため第三回のレシピコンテストは社内での実施となりました。
また、物流センターにて野菜の即売会を行う等生産者を助ける取り組みを行いました。
Photo_20210615172402
▲販売した野菜

◆メンバー紹介◆

●前田稲美さん 野菜ソムリエプロ
Photo_20210615172401
マルタマフーズの物流サービスセンターで働く青果仕分けメンバーと一緒に

野菜ソムリエプロの資格を活かし、マルタマフーズグループの野菜、果物の仕入・発注を担当しています。
日々、多くの青果協力会社様と全国、および各国の収穫状況などを話し合いながら商品を購入しています。

最近は、野菜や果物の情報発信として「ちょっといい話」と題したコラムを作成し、
社内に掲示。多くの方から好評をいただいています。

●グエン・トゥイ・ズォンさん 野菜ソムリエ
Photo_20210615172403

協会に確認したところ、もしかしたらベトナム人第1号(?)の野菜ソムリエとのこと。
日本語も堪能で勉強熱心です。家族で「ベトナム料理店」をしていましたが、
新型コロナウイルスの影響もあり惜しまれながら閉店に。
いつかはベトナムでも「野菜ソムリエの資格がとれるようになったらいいな」
という夢をもっています。ベトナム料理は野菜をたくさん使いますので、
ベトナム料理教室などを通して野菜の魅力を伝えていきます。

◆これからの活動◆

野菜ソムリエの資格を活かし食事を食べていただく方々へのサービスの提案を行うとともに、
企業としては「日本野菜ソムリエ協会」とともに、商品開発や新しい事業を行っていく予定です。
また、「健康寿命」を延ばすための「フレイル予防」に全社をあげて取り組んでいくなかで
私たち野菜ソムリエとしてできることを考えています。

オフィスコミュニティとして、企業ならではの活動を継続しておられますね。
これからのご活動も楽しみです!

ありがとうございました!

2021年5月26日 (水)

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆vol.6【徳島】

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆

野菜ソムリエを取得した修了生が中心となって活動する協会認定の
地域コミュニティ、野菜ソムリエコミュニティ。

現在全国49カ所、海外1カ所の計50カ所で発足し、地域ごとに様々な活動をされています。

大阪支社が担当する近畿・中国・四国地域で活動するコミュニティを
順番にご紹介していきます。

今回は野菜ソムリエコミュニティ徳島をご紹介します!
それではご覧ください!

◆野菜ソムリエコミュニティ徳島◆
メンバーは33名。(2020年4月時点)
野菜ソムリエ上級プロ2名、野菜ソムリエプロ10名、野菜ソムリエ21名です。
1_20210525180001

徳島県産の野菜、果物を中心とした青果物の普及、摂取促進に関する食育等イベント実施、
生産現場での体験、見学などの活動をしています。
昨年から新型コロナウィルスの影響でほとんどの活動は自粛となり、
思うように活動ができませんでしたがその様な中でも開催できた活動についてご紹介します。

◆この1年の活動◆
●3月『かめびし醤油』の見学会
香川県引田にある宝暦3年創業のかめびし醤油でのマイ醤油作り体験。
むしろ麹法を学び、築200年を超える麹蔵を見学。万能調味料発酵食品『醤油』を楽しく学びました。
Photo_20210525175202

●7月『水の丸地区』の勉強会
徳島県西部、三好市の標高1000mにある天空の菜園『水の丸地区』へトマト栽培の見学へ。
より良い野菜作りのため、昼夜の気温差が大きいという山間部の気候を活かすことに加え
土作りを大切にした土耕にこだわる栽培をされていました。
Photo_20210525180201

◆メンバー紹介◆
コミュニティメンバーの中からお二人を紹介いたします!

●政平安世さん
野菜ソムリエ(現在野菜ソムリエプロ取得の勉強中)
Photo_20210526124901

2020年度とくしま創生アワード(徳島を元気にする事業プランコンテスト)でグランプを受賞された(株)TKYの代表取締役。
小規模農家の抱える課題を解決する事業システムを構築。有機栽培や特別栽培基準に基づいた農産物は
『四国の野菜セット』として『土のはぐくみ』でネット販売をしています。
▼土のはぐくみ
https://yasai.shop-pro.jp/

●山下直子さん
野菜ソムリエプロ
Photo_20210526125301
『とくしま有機農業サポートセンター』で若い農業従事者の育成や販売支援をされて昨年より(株)コープ有機に転籍。
コミュニティ活動に積極的に参加されとても頼りになるメンバーです。
簡単、美味しいをモットーに美容と健康の為に楽しく料理を作ることを大切にされています。

◆徳島の農業について◆
農地面積30800ha。
温暖な気候と吉野川沿いの平野をを活かして四季を通じて多種多様な農産物を栽培し、
京阪神に安定的に供給しており関西の台所と言われています。

<代表的な野菜をご紹介!>
生しいたけ(生産量全国1位)
菌床栽培の普及でハウス栽培でき肉厚で香り高い高品質なしいたけができる。
特色として傘の裏が淡白色で足が短い。

れんこん(全国3位)
良質の粘土質の土壌で栽培され一本一本手作業で掘って収穫。鳴門れんこんは色白でシャキシャキ。
関西では主流。鳴門にれんこん栽培が始まったのは大正8年だそうです。

にんじん(全国3位)
春にんじんの生産量は全国1位。
大型のトンネルハウス栽培で
雨が当たらず乾燥しにくい状態で生育するので柔らかく甘い。

カリフラワー(全国3位)
純白の花蕾とさっくりした歯ざわり。秋~春にかけての出荷が多い。

ブロッコリー(全国5位)
近年の需要の高まりから生育量が増加している。全農など PR活動、ブランド強化に取り組んでいる。

さつまいも(全国5位)
ミネラル豊富な砂地で栽培されているのでとても甘い。鳴門市から吉野川北岸で栽培されているのが『なると金時』。徳島ではギフトシーズンに3k.5k箱が飛ぶ様に売れる。

らっきょう
鳴門の大毛島の銀砂という海砂で作られたらっきょうは小粒ですシャキッ感が絶妙。人気のため県内でも入手困難。

そして最後に
阿波すず香
Photo_20210526130303
阿波すず香はスダチとユズを交配して徳島県が育成したオリジナルの香酸柑橘
まだまだデビューしたての新しい品種ですが、その開発には10年もの長い期間を
要したそうです。
種が少なく、果汁が豊富なことが特徴です。
2016年からコミュニティが参画し、レシピを出し合うなど
普及に一役買っています!
Photo_20210526130302
Photo_20210526130301

◆コミュニティの取り組みと今後の活動予定◆
会員向けのイベントをはじめ、阿波すず香を含む徳島県産農産物の販売促進と県民の野菜摂取アップにつながる活動、
地元生産者さんの販路拡大協力などこれからも活動を行っていきます。
Photo_20210526131301

徳島では生産量の上位を占める農産物がこんなに多くあることを始めて知りました!
また地域に密着した様々な活動をされていますね。
早くコロナが収束して安心してイベントなどが開催できるようになればと思います。
コミュニティ徳島の皆様、ご紹介ありがとうございました!







 













2021年3月23日 (火)

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆vol.5【大阪】

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆

野菜ソムリエを取得した修了生が中心となって活動する協会認定の
地域コミュニティ、野菜ソムリエコミュニティ。

現在全国49カ所、海外1カ所の計50カ所で発足し、地域ごとに様々な活動をされています。

大阪支社が担当する近畿・中国・四国地域で活動するコミュニティを
順番にご紹介していきます。

今回は野菜ソムリエコミュニティおおさかをご紹介します!
それではご覧ください!

 

◆野菜ソムリエコミュニティおおさか◆

Photo_20210323153108
野菜ソムリエコミュニティおおさかは現在会員数592名。
大阪府の農産物にふれあい理解を深め、楽しく食べることを目指し
生産者、生活者の繋がりを大切にしたイベントを開催、活動しています。
今期は新型コロナウイルスの影響でイベントの開催が減ってしまいましたが
ライブ配信という新しい方法でセミナーや農家さんの現状もお伝えし、
会員のみなさまとの繋がりを守っています。

◆メンバー紹
介◆
コミュニティおおさかには、様々な活動をされている会員の方がおられます。
今回は会員の中から2名の方をご紹介します。

●中林スミ子さん
Photo_20210323153103

野菜ソムリエプロ・栄和産業株式会社の管理部とアグリ事業部の管理責任者

マルシェなどで、野菜のオススメの食べ方を、紹介されています。
オススメの食べ方だけでなく、栄養素などの情報やレシピも添えて、
熱心に野菜の魅力を、伝えておられるのがとても印象的です。

マルシェで販売されている野菜は、すべて自社農場のこだわりの栽培をされているので、
『野菜本来の味がして、とっても美味しい‼』との評判が絶えません。
新しい野菜の生産は、レストランシェフとの情報交換を参考にされているそうですよ。
そんな中林さんはトマト好きで、オススメしてもらったトマトの味が、美味しかったのことが忘れられません!!

どんどん新しいことに、チャレンジされている中林さんは、これからも多くの方に、
野菜や果物の魅力を、発信されていく、野菜ソムリエプロです!!

●わたなべゆうやさん
Photo_20210323153101
野菜ソムリエ・キッチンカーでお弁当や手作りドッグフードの販売
わたなべさんが、キッチンカーで販売されているお弁当は、
野菜や果物がたくさん入った、栄養満点弁当です。
美味しくて、見た目も華やかなお弁当は、野菜が苦手だったご自身の経験を活かして作られています。
野菜が苦手な人が、苦手克服の一歩になるようにとの願いが、込められているそうです。
Photo_20210323153107
ご自身で育てた野菜や果物を使ったお弁当を食べてもらい、たくさんの方が笑顔になって欲しい。
との思いから、脱サラをし、キッチンカーでのお弁当販売を始められたそうです。
積極的に様々なセミナーやイベントに参加され、どんどん夢に向かって進んでおられる姿が眩しく、
どんどん刺激を与えてくれる野菜ソムリエさんです!!

instagram→
https://www.instagram.com/good_bento_2020/

◆コミュニティおおさかとしての新しい取り組み◆
2020年度より、ホクレン様との共同企画として、和泉市テクノステージにある
いずみ市民生協様の施設『たべる🍅たいせつミュージアム』にて、生協会員様
との食育活動を実施してきました。
コロナ禍でしたが、7月・10月に実施。10月には試食も含めた実施となりました。
内容としては、馬鈴薯の概要説明と、品種説明、試食についても数品種行い、
最後は参加された会員様に参加して頂き簡単なゲームを行い楽しんでもらいました。

大阪府は皆様もご存じの通り、成人男女の野菜摂取量がかなり低いので、
少しでも生活者の皆様に、ベジフルライフを楽しんでもらえる様に。
そして摂取量の向上に繋がる様にという思いを込めて、実施してきました。
本来は大阪府下産で進めるのが、コミュニティとしての活動ですが、2019年度の
活動からの(企業様とのタイアップ)という事で、先ずはホクレン様との実施という形になりました。
Photo_20210323153106Photo_20210323153102

まだまだコロナ禍のなかではありますが、今後、大阪産はもちろんの事ですが
各都道府県の色々な商材を通じて食育活動が出来れば!と幹事の中で考案中です。

◆大阪府の農業について◆
Photo_20210323153301

<農地面積>
農地面積は13,600haで、全国46位となっています。
年々、農地が減ってきている状況にあり、それに伴い農家さんも減少傾向が続いています。
就農機会の拡大や農業経営者の育成などが課題となっています。
その問題を解決できるかもしれない手法として「都市型農業」が注目されています。
<都市型農業>
都市型農業で想像するのはどういったものでしょうか。
水耕栽培?屋上菜園? どれも正解です。
それらをまとめると「農地の多い郊外ではなく人口の多い都市部で農作物を育てる農業のこと」です。
大阪は農地が少ないですが、都市型農業を進めることで生産量ベスト3に入る農産物を生産しています。
都市型農業を実現している数少ない都市であると言えます。

<これからの大阪農業に期待されること>
新鮮で安全な農産物の供給
農業体験・交流活動の場
心やすらぐ緑地空間
都市住民の農業への理解の醸成
国土・環境の保全
災害時の防災空間

<生産している農産物>
キャベツ、なす、トマト、くわい、春菊、ぶどう
など、多品種多品目を生産しています。

<代表的なもの>
春菊、ふき、大阪しろな、泉州水なす
特に、春菊は令和2年度は生産量全国1位を達成しました。
水なすは日本各地で栽培されていますが、泉州地域で特に盛んに生産されています。

<なにわの伝統野菜>
大阪府内には伝統的に優れた栽培技術で生産され、全国にも誇れる農産物がたくさんあります。
大阪府とJAグループでは、平成5年になにわの食文化に根差したこれらの農産物の中から、
府内でまとまった生産量があり、独自の栽培技術で生産されている15品目を「なにわ特産品」として選定しました。
その後、平成18年に、時代のニーズや生産動向の変化に伴い、従来の「なにわ特産品」を下記21品目に拡大することとなりました。
(大阪府ホームページより)

いくつかピックアップいたします。
○難波ねぎ
大阪市難波周辺で江戸時代からさかんに栽培されていたことから
「難波葱」と呼ばれ、葉の組織がやわらかく、強いぬめりと濃厚な甘みが特徴です。
Photo_20210323153105
○田辺大根
大阪市東住吉区の田辺地区の特産であった白首大根。根身は白色の円筒形で、
末端が少し丸みを帯び、葉には毛じがありません。肉質は緻密、柔軟で甘みに富むのが特徴です。
Photo_20210323153104

○守口大根

大阪天満宮周辺を発祥とする「大阪宮前大根」の香の物を豊臣秀吉が「守口漬」と名付け
「守口大根」と呼ばれるようになりました。太さ数センチメートルに対し、長さ約1mと細長いのが特徴。
粕漬けが有名です。

○碓井豌豆
明治時代に羽曳野市碓井地区にアメリカ合衆国から導入され、改良されたむき実用えんどう。
小型でさやと豆の色合いが淡いですが、甘みが強いのが特徴です。

○泉州黄玉葱
泉南地域で明治時代に選抜された黄色玉ねぎ。代表的な品種は、今井早生や貝塚極早生があります。
肉質はみずみずしく軟らかく、甘みが強いのが特徴です。早生のものほど、球形が扁平となります。

○大阪しろな
江戸時代から栽培が始まり、大阪市の天満橋付近で栽培が盛んだったため、
「天満菜」とも呼ばれ、早生種、中生種、晩生種があり、いずれも葉柄が鮮明な白色で平軸があります。

なにわの伝統野菜を沢山ご紹介いただきました!
大阪というと大都市のイメージですが、全国に誇れる農産物が多くあることが分かりました。

コミュニティおおさかは、ブログでもイベント告知を始め、様々な情報発信をされています。
ぜひチェックしてください!
https://plaza.rakuten.co.jp/vegeosaka/diary/202102190000/

コミュニティおおさかの皆様、ありがとうございました!




 

2021年2月10日 (水)

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆vol.4【広島】

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆

野菜ソムリエを取得した修了生が中心となって活動する協会認定の
地域コミュニティ、野菜ソムリエコミュニティ。

現在全国49カ所、海外1カ所の計50カ所で発足し、地域ごとに様々な活動をされています。

大阪支社が担当する近畿・中国・四国地域で活動するコミュニティを
順番にご紹介していきます。

今回は野菜ソムリエコミュニティ広島をご紹介します!
それではご覧ください!

◆野菜ソムリエコミュニティ広島◆

会員数は現在28名。
内訳は
野菜ソムリエプロ11名、
野菜ソムリエ17名です。
会員には生産者、主婦、流通・販売に携わる専門家、農林水産省職員、地域おこし協力隊、
レストランスタッフの方々など、野菜・果物に魅了された様々な方々が
いらっしゃいます。

◆活動方針◆
活動を通じて会員のスキルアップと会員同士の交流を深めています。
具体的には
① 各種セミナー及び勉強会
② 生産地体験・見学ツアー
③ 食育などのイベント企画及び参加
などの活動をしています。

◆2020年の活動◆

2020年は未曾有のコロナ禍の中にあり、その中でオンラインセミナ-など
新しい取り組みに挑戦したりイベント開催の際には感染対策のガイドラインを遵守し行いました。

≪1月≫
農をとりまく情報交流の広場(中国四国農政局主催)に参加し、
・キッズ野菜ソムリエ育成セミナー
・緑とオレンジと黄色のスムージー販売
・野菜折り紙と野菜スタンプのキッズスペースを担当させていただきました。

当日の様子▼
https://youtu.be/pRR2mLdzHOI

日本野菜ソムリエ協会の野菜ソムリエ通信の
メールマガジンにもその様子が掲載されました▼
http://002.vege-fru.com/docs/magazine/members/community/com_06.html

≪9月≫
尾道イチジクのZOOMセミナー ~3種食べ比べ付き~
尾道の野菜ソムリエプロ卯元幸江さんのご実家のイチジク畑で学ばせていただきました。
事前に取材した写真や動画を見ながら、卯元さんに生解説していただきました。
参加者の皆様には、卯元さんのイチジク2種類とさらに別に仕入れた
福岡の「とよみつひめ」を事前にお届けし食べ比べていただきました。
食べ比べたのは
・蓬莱柿
・ビオレソリエス(黒イチジク)
・とよみつひめ(福岡県産)  

参加者の皆様には卯元さんの‟簡単イチジクのお料理レシピ講座“で使った動画
(限定公開)の特典もあり大変好評でした。
Photo_20210210142202Photo_20210210142201

≪10月・11月≫
りんご講座を2日間開催しました。
会場は広島空港北側にオープンした「空の駅オーチャード」
オーチャードとは果樹園。

旬の果物をテーマに地域や利用者の方々に喜んでいただける特別の2日間。
庄原市高野町のりんごを含む10種のりんごの食べ比べをコロナ対策をしながら2日間で
定員を上回る43名にご参加いただきました。

その様子はこちら↓
https://www.facebook.com/vegefru.hiroshima/
1_20210210142101
2_20210210142101

≪12月≫
おせち料理オンライン講座」今回で4回目になる人気の講座をオンラインで開催しました。
全9品を遠くは大阪からご参加いただきました。
「先生の優しく丁寧なご説明と事前のレシピ配布、ビデオ撮影で本当にわかりやすかったです」
「プロの技を教えていただき感動ものでした」
などのうれしい感想をいただきました。
Photo_20210210142701Photo_20210210142102


◆メンバーの紹介◆
会員の中からお二人の方をご紹介します。
●麓 陽子さん
野菜ソムリエ・志和の盆地野菜ふもとや
東広島市の志和盆地で年間50品目の野菜を作っておられます。
野菜クリエイターで野菜作りを担当されているのはご主人の清志さん。
陽子さんは野菜コミュニケーターとして野菜売りを担当。
脱サラをして6年、土づくりにこだわり有機栽培の野菜を個別宅配や広島の産直で販売しています。


Photo_20210210143201
Photo_20210210142104
広島の伝統野菜「矢賀チシャ」 

「ふもとや」さんの畑で野菜の収穫&お料理
https://youtu.be/soolWSD3NdU

志和の盆地野菜ふもとや
https://fumotoya.jp/

●狩野望さん
野菜ソムリエ・呉市倉橋町の地域おこし協力隊OB。
現在は柑橘農家。
倉橋町発祥のブランドみかん「こだわりいしじ」の生産を行っています。
今シーズンも毎日注文の電話があり、発送準備で忙しい毎日を送っておられます。
Photo_20210210142106
Photo_20210210144001


◆広島の伝統野菜◆
≪笹木三月子大根≫

「笹木三月子大根」(ささきさんがつこだいこん)とは形状は聖護院大根に似た楕円形。
水分が少なく甘くて、肉質は緻密。
その特徴を活かした天ぷらやステーキなどの料理が好評です。
「三月子」と「聖護院大根」の掛け合わせにより育成した品種で、
種を守っておられるのは広島市安佐南区の長楽寺地区の生産者グループの皆さんです。

収穫体験の様子はこちら↓
https://ameblo.jp/yasaihiroshima/entry-12366104412.html

食す会の様子はこちら↓
https://ameblo.jp/yasaihiroshima/entry-12366364759.html

Photo_20210210180102
Photo_20210210180401

この1年もオンラインなどを活用し、活動を続けてこられた様子が
伝わってきました。

遠方の方にもご参加いただけるのはオンラインの魅力ですね!
コミュニティ広島の皆様、ありがとうございました!








 

2020年12月23日 (水)

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆vol.3【山口】

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆

野菜ソムリエを取得した修了生が中心となって活動する協会認定の
地域コミュニティ、野菜ソムリエコミュニティ。

現在全国49カ所、海外1カ所の計50カ所で発足し、地域ごとに様々な活動をされています。

大阪支社が担当する近畿・中国・四国地域で活動するコミュニティを
順番にご紹介していきます。

地域ごとの農業の特色や伝統野菜などもご紹介できればと思います。

前回のご紹介からずいぶん間が空いてしまいましたが
第3回目にご紹介するのは野菜ソムリエコミュニティ山口です。
それではご覧ください!


◆野菜ソムリエコミュニティ山口◆
野菜ソムリエコミュニティ山口は現在、野菜ソムリエプロ6名、野菜ソムリエ15名の
合計21名で活動しています。
Photo_20201221152202

メンバーは個々でも個性ある活動をしています。今回は会員の中から
3人の方を紹介します!

●西川 満希子さん
野菜ソムリエ上級プロ 第7回野菜ソムリエアワード銀賞受賞。
Photo_20201221154803
周南市の道の駅ソレーネ周南のレストランで調理を担当されています。
また、野菜で愛や感謝を伝える「ヤサイコトバ」を考案、幅広く発信し、
活動をされています。
第7回野菜ソムリエアワードでは全国の野菜ソムリエの中から
銀賞を受賞されました!

ヤサイコトバHP:http://8315108.com/
第9回野菜ソムリエアワード最終選考動画
https://www.youtube.com/watch?v=8-RkEP-GgOg&feature=youtu.be

●河村 圭子さん
野菜ソムリエ 野菜ソムリエコミュニティ山口代表
Photo_20201221154801
自家栽培や宇部市産の果樹や野菜など素材にこだわった
季節限定のジャムやソースを製造し販売されています。
こだわりや、想いを紹介したホームページはこちら▽
商品の購入もできます!
https://kawamurasakaba.jp/


●安永 眞理子さん
 
野菜ソムリエ 畑樂(農業)
Photo_20201221154802

~食と子供と未来のために~
~食卓に笑顔と彩りを~

子供に安心して食べさせたいという想いから、2016年に関東よりご主人の
故郷である山口県下関市に移住し、ご夫婦で新規就農されました。
栽培はご主人、販売は安永さんが担い、上記のコンセプトを基に、
農薬・化学肥料を一切使わず、年間約40品目120種類程の野菜を栽培されています。
生産から販売まで、なるべく自分達の手で直接お客様に届けることを大切にされています。

安永さんからは「最初は自分の子供の為にという想いでしたが、
この仕事をしていく中で食の大切さを実感し、それを伝える為の手段として
昨年野菜ソムリエになりました。
食が変われば地域が変わるという想いを胸に、農家・野菜ソムリエの活動を通して、
旬の野菜の魅力や食の重要性をを発信していきたいと考えています。」
とお話をお聞きすることができました。
_200205

Facebook: https://www.facebook.com/hatarakujp
Instagram: https://www.instagram.com/hatarakujp/

お正月セットの販売もされています!
https://form.run/@hatarakujp-newyear




◆山口の野菜◆
はなっこりー
中国野菜のサイシンとブロッコリーを掛け合わせて作られた
山口生まれのアブラナ科の野菜です。
「女性やお年寄りの方でも育成や収穫が手軽にできて負担の少ない野菜を作ろう」
という優しい想いから生まれた野菜です。
甘みがあり、茎まで食べられます。
ビタミンAやCを多く含んでいて、特にビタミンCは元々多く含まれている
ブロッコリー以上に多く含んでいると言われており、美肌効果が期待できたり、
さらに食物繊維も多く含まれているので腸内環境の改善も期待できます!
これから2~3月にかけてが旬の時期です。
ぜひ食べてみてください!
Photo_20201221152501
Photo_20201221152601
▲現役大学生で野菜ソムリエプロの
春日爽花さんはインスタグラムで
オリジナルイラスト用いて
野菜の情報を発信しています!
https://www.instagram.com/_sawa_hana/

◆活動◆
これまでコミュニティ山口は年間を通じて地域でのイベント開催や農業体験、
市場の見学など様々な活動を行ってきています。
今年はコロナ禍の影響を受け、活動も制約を受けましたが、
オンラインで会員の交流機会を持つなど新しい試みにも挑戦しました。
来年は実際に会員や地域の生産者の方たちとお会いして
イベントなどの開催ができることを願っています。
Photo_20201221152201
Photo_20201221152203

以上コミュニティ山口をご紹介させていただきました。
活動の様子はFacebookでも発信されていますので、
ご覧ください!
Facebook:https://www.facebook.com/yasaiyamaguchi

コミュニティ山口の皆様ありがとうございました!






2020年6月11日 (木)

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆vol.2【京都 後編】

野菜ソムリエコミュニティ京都のご紹介の後編です。
後編では京都府の農業や京野菜についてご紹介いただきました!

◆京都府の農業◆

京都府の農業についてコミュニティ京都副代表で京都野菜耕房の
藤田正さんにご紹介いただきます。

京都府は、北から南まで約120kmと南北に長く、北は日本海に面して冬季には積雪もあり、南は大阪府と奈良県に接する瀬戸内気候です。総土地面積は46万1220ヘクタール、うち林野面積が74%を占め耕地面積は3万600ヘクタール(6.6)と少なく野菜作付面積は3830ヘクタールです。一戸当たりの耕地面積は98アールで全国平均207アールの半分弱と少ないながら、京都の伝統・文化とともに立地を活かした京野菜や宇治茶等特徴ある作物をはじめ、米では丹波キヌヒカリが日本穀物検定協会の食味ランキングで最高ランクの「特A」を獲得する等こだわりの農産物が多く生産されています。その農業産出額は平成30年で704億円、野菜の産出額は全国に先駆けてブランド京野菜を首都圏に売り出した結果、京野菜のニーズが高まり平成元年比で約28%増加し全体の37%を占め、米を大きく上回る主要な品目となり、全国的にも上位の伸び率を誇っています。

平成元年から京都府を挙げて始まったブランド京野菜の取り組みでは、「京の伝統野菜」が主役となり、生産の復活、拡大、周年化、ブランド化等を行政とJAグループが一体となって取り組んだことで京都の農業をリードする作目となりました。
しかし、最近では産地間競争の激化や出荷調整作業の負担・高齢化等により産地の生産力が低下するなどの課題も出てきています。そこで、今後に向けては生産体制の整備、更なる消費宣伝や商品力の強化と海外も見据えた販路の拡大等の課題解決に関係機関が一体となって取り組んでゆくとされています。

京都府では、伝統野菜を
①明治以前に導入されたもの
②京都府内全域
③たけのこを含む
④キノコ・シダを除く
⑤栽培または保存されているもの及び絶滅した品種を含む、
の5項目で定義しており、現存する品目が35品目、絶滅したものが2品目の計37品目と、伝統野菜に準じる品目3品目で整理されています。そのうち生産拡大の対象に取り上げられているのは15品目で販売金額の上位5品目は、JAグループの取り扱いでは九条ねぎ、万願寺とうがらし、みず菜、伏見甘長とうがらし、たけのこ、となっています。京野菜を俯瞰すると「伝統野菜」「ブランド産品」の区分で重複するものとしないものがあるため、詳しくは「公益社団法人京のふるさと産品協会」のホームページなどでご確認下さい。
Photo_20200601180101
みず菜の栽培・収穫風景
パイプハウスで周年栽培されています

Photo_20200601180102
京都のイメージを活かしたデザインの小袋

大変詳しくご紹介いただきました。
ありがとうございます!

◆代表的な京野菜◆
次に、代表的な京野菜について野菜ソムリエプロでたまねぎ工房の
川添智未さんにご紹介いただきます。

●京の伝統野菜とブランド野菜
今や全国に知られる京野菜。ご当地野菜の先駆けであり、平成元年に「京都府内農林水産物のブランド確立に関する基本指針」がまとめられ、47都道府県で初めて野菜がブランド化されたのです。

とはいえ大きいくくりでは、京都府下で栽培された野菜はすべて京野菜です。このうち、明治時代以前から京都に根付いて栽培されてきた歴史を持つ野菜を「京の伝統野菜」と言い、37品目あります。さらに歴史は浅いけれどたくさん菜倍され、京野菜のイメージにふさわしい野菜を「京の伝統野菜に準じるもの」と言い、これは3品目(鷹ヶ峯とうがらし・花菜・万願寺あまとう)あります。

前述の合計40品目のうち、イメージが京都らしく流通量を確保できるものが、京のふるさと産品協会によって「京のブランド産品」に指定されています。それが聖護院だいこん・聖護院かぶ・賀茂なす・山科なす・みず菜・壬生菜・九条ねぎ・えびいも・鹿ヶ谷かぼちゃ・堀川ごぼう・京たけのこ・くわい・伏見とうがらし・万願寺甘とう・花菜の15品目です。なお、京のブランド産品には他に、伝統野菜ではないけれど認証されている京こかぶ・金時にんじん・紫ずきんと夏ずきん・やまのいもがあり、林産物として京丹波大黒本しめじ・丹波くりがあります。

●新京野菜
京都に根付いて栽培が続けられている野菜の他に、京都市は新しい特産野菜の開発にも熱心です(伝統野菜・ブランド産品は京都府)。それが「新京野菜」です。現在はトマトの京てまり・京あかね、唐辛子の葉を食用に改良した京唐菜(きょうとうな)、京ラフラン、京の花街みょうが、京北子宝いもがあり、今後も増える予定です。

中でも大根とコールラビの交配種である京ラフランは、一見、大根の葉のようです。
Photo_20200611152701
生なら大根のような風味、茹でるとキャベツのような甘味が出てくる野菜で、茎から葉、つぼみまで食べられます。栄養価も優れ、ほうれん草に比べてカルシウムは1.7倍、ビタミンB61.8倍、ビタミンC2.9倍もあります。また、他の京野菜の端境期に当たる3月中旬~5月中旬にかけて収穫でき、病害虫にも強く栽培も簡単なので、推進されています。

見た目はアスパラに大根の葉を付けたような感じで、茎はアスパラと同じような食べ方でOK。葉やつぼみは茹でておひたしに、炒め物やスープ煮にしてもおいしく食べられます。
Photo_20200611152703
京ラフランのクリーム煮
Photo_20200611152702
肉巻きラフラン

◆今後の予定◆

新型コロナウィルスの状況によりますが、夏には納涼会、9月には宇治黄檗学園での出張食育、
恒例の京都府農林フェスティバルへの参加を予定しております。
京都府農林フェスティバルは、今年で30年の節目を迎えます。

また、引き続きクックパッド京都府公式キッチンへのレシピ提供を進めてまいります。

コミュニティ京都や京都の農業、野菜について大変詳しく
ご紹介いただきました!
「京野菜」という言葉はよく耳にしますが、
改めて説明を聞くと、とても勉強になりますね!

ご協力いただきましたコミュニティ京都の皆様、
ありがとうございました!
京都府の修了生の皆さんのコミュニティへのご参加もお待ちしています!

コミュニティ京都公式ブログ▽
http://blog.livedoor.jp/vc_kyoto/

Facebook▽
https://www.facebook.com/kyoto831/



 







 

 

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆vol.2【京都 前編】

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆

野菜ソムリエを取得した修了生が中心となって活動する協会認定の
地域コミュニティ、野菜ソムリエコミュニティ。

現在全国49カ所、海外1カ所の計50カ所で発足し、地域ごとに様々な活動をされています。

2020年度は大阪支社が担当する近畿・中国・四国地域で活動するコミュニティを
順番にご紹介!

地域ごとの農業の特色や伝統野菜などもご紹介できればと思います。

個人の活動のヒントにもなるかも!?

コミュニティ滋賀からバトンを受け取ったのは野菜ソムリエコミュニティ京都です。
それではご覧ください!

◆野菜ソムリエコミュニティ京都◆

野菜ソムリエコミュニティ京都は現在会員数 88名、
内訳は
野菜ソムリエ上級プロ 2名
野菜ソムリエプロ   25名
野菜ソムリエ     61名Pro25
名、(2020年4月1日現在)です。


◆活動方針◆
コミュニティ京都は、以下を達成することを目的および理念としています。
①生活者の方々が野菜・果物に関する正しい知識・楽しさ、新たな発見、感動などを
 見出せる環境を創造すること

②農業・青果物流通業を含む、全ての食品・外食・流通産業に従事されている方々が、
 国民の健康の維持増進に寄与しているというプライドを持って働ける環境を創造すること

③生産者の方々と生活者の方々の間の距離を、情報の相互流通を通じて縮める活動をすること

◆昨年度の主な活動◆
1月の新年会を皮切りに活動がスタートしています。
主な活動をご紹介します。

【恒例の活動】

  • 幹事会   :4半期に1
  • 総会    :2
  • いちご狩り :4
  • 納涼会   :7月~8
  • 宇治黄檗学園出張食育講座 :9
  • 京都府農林水産フェスティバル参加 :11
  • クックパッド京都府の公式キッチンにレシピ提供:年間を通じて

【その他】

  • 京の伝統食フォーラム参加:12
  • 産地見学等

◆メンバーの紹介◆

コミュニティ京都には、様々な職業の方や活動をされている方がおられます。
メンバーの中から代表して数名の方に
ご自身の活動をご紹介いただきました。

●民野摂子さん
野菜ソムリエプロ、管理栄養士、健康運動指導士
20162019年度、京都府栄養士会理事
日本野菜ソムリエ協会 野菜ソムリエ養成講座ベジフルサイエンス講師
2_20200416165201
大分しいたけ食の伝道師 乾しいたけランチ付セミナー

3_20200416165201
無印良品京都山科 キッチンカウンター

2007年に野菜ソムリエ、翌2008年に野菜ソムリエプロに。
長年、会社勤めをしてきましたが、野菜ソムリエ取得とほぼ同時期にフリーランスに転身し、今日に至っています。
主な活動は、生活習慣病予防、健康長寿などをテーマにしたセミナー講師、
食生活改善のためのカウンセリング、コラムの執筆、料理教室の講師などです。

講演にせよ、教室にせよ、課題の軸の中に、
野菜や果物の存在を欠かすことは出来ません。
おいしさと健康の両側から青果物の魅力をお伝えすること」が、
野菜ソムリエかつ管理栄養士としての私のミッションです。

また、京都在住の野菜ソムリエとして、京野菜振興のサポートは、
大切なライフワークです。京野菜の機能性成分の分析のための検体づくりや、
機能性セミナーの講師、健康長寿講演会、販売の現場等で、
京野菜の紹介やレシピの提案などを担ってきました。

今後も、野菜ソムリエコミュニティ京都の皆さんと手を携えながら、
常に京野菜の応援団でありたいと考えています!


●田村嘉章さん
野菜ソムリエ、八百屋みどりなす店主
4_20200416171501

とにかく一番大切にしていることは、「おいしいこと」。
美味しいものは鮮度が関係するので必然的に近郊のお野菜が中心になります。

京都を中心に朝に採れたての野菜を車で集荷しに行き、
お昼からとれたて野菜を販売することを心がけています。

そして、にもこだわっています。

夏場にほうれん草のおひたしを食べるなら
伏見唐辛子の煮びたしを食べる方がおいしいと思って販売してます。
旬じゃないものを問われると代用できる旬のお野菜を紹介したりもします。

土地土地にいらっしゃる「名人」のとびきり美味しい野菜を揃えて、
野菜のセレクトショップみたいなお店にしたいと思っています。

また料理人の方がたくさん来られるので、変わった野菜やカラフルなもの、
ハーブなども多く仕入れるようにしています。

普通のスーパーには並ばない野菜もたくさんありますので
初めて来てくださった方には見てるだけでも面白いと思います。
是非一度、お立ち寄りください!
5_20200416171501

【八百屋みどりなす】
https://mazariko-pore-shon.hp.gogo.jp/pc/
なお6月中に、以下の場所へ移転を予定しています。
移転先:京都市下京区杉屋町278※現店舗から歩いて4分ほど。

●山岡明日香さん
野菜ソムリエプロ、管理栄養士、保育士、健康咀嚼指導士
6_20200416172701
7_20200416172701

私の活動の柱は「野菜・果物×糀」です。
その柱に「デコ巻きずし」や「お味噌作り」「糀おやつ作り」「糀ごはん作り」
などをプラスして、笑顔あふれる親子の食の活動をしています。

活動場所は様々で親子料理教室や子供のクッキング教室などの講師をしております。

さらに自宅では糀ごはん・糀おやつ作り、デコ巻きずし作り等、様々なご要望にお応えするため、
研究を続けており、親子で集まり様々な事を育みながら、糀の世界の素敵さの伝授に鋭意活動中!です。

●鳥越よし子さん
野菜ソムリエ、管理栄養士、日本茶インストラクター
エコ・クッキングナビゲーター、日本箸文化協会認定箸講師
9_20200416174801

個人として各地で「野菜ソムリエと作ろう 地元野菜の料理教室」など、
食や日本茶の講師として活動をしております。

さらにコミュニティ京都の幹事メンバーの1人として活動をしており、
主な活動を2つご紹介します。

1つ目はコミュニティ京都が京都府農林水産部ブランド戦略課様より依頼を受け、
2017年6月より協力をする「クックパッド京都府公式キッチン」へのレシピ提供です。

「クックパッド京都府公式キッチン」とは、
・京都府のブランド産品
・ブランド産品以外を含む、京都の農林水産物
のPRを目的に開設するクックパッド公式ページで、
ここ数か月のアクセス数は約10万件/月!
地方公共団体が運営する公式ページでは、第2位の規模を持っております。

野菜ソムリエコミュニティ京都のメンバーが交代でレシピを提供しており、
野菜ソムリエのレシピは総じてアクセス数が多く、
開始からの総アクセス数が100万アクセスに到達しました!

このページにレシピを提供するにあたり、
・京都府様のレシピ
・野菜ソムリエのレシピ
として、一定のレベルと統一性を保つべく、全てのレシピの校正を行い、
さらに効果的なPR方法も検討しています。

【クックパッド京都府の公式キッチン】
https://cookpad.com/kitchen/12555780

2つ目は、コミュニティ京都へ依頼を受けた食育出張授業の主査となり、
「だしで味わうUMAMI ~日本の食文化・行事食とともに~」の授業を、
他のメンバーと共に2017年より3年連続で実施しました。
学校からは、「食育事業の例」として、京都府農林水産部農政課と
京都府教育委員会保健体育課に報告いただきました。
10_20200416175001

メンバーの方がそれぞれに活発な活動をされていますね!
ご紹介ありがとうございました!

後編では京都の農業や京野菜についてご紹介いただきます!
ぜひご覧ください!

2020年4月17日 (金)

野菜で免疫力アップ!~新玉ねぎ~

◆淡路島の新玉ねぎ◆

玉ねぎの産地として有名な兵庫県の淡路島。
この時期は新玉ねぎの出荷が盛んになります。

辛みが少なく、甘みがあってみずみずしい新玉ねぎの
おすすめの食べ方を淡路島の野菜ソムリエ 久保 敦子さんにご紹介いただきました!

*****
◆色々アレンジできる!酢玉ねぎのご紹介◆
酢玉ねぎを常備菜として作っておくと、色々なアレンジができて便利です!

≪材料≫:1回分
新玉ねぎ・・・・500
調味料A
 米酢・・・・・・150ml
 ハチミツ・・・・100ml
 水・・・・・・・50ml
 塩・・・・・・・小さじ一杯

①玉ねぎをスライスして密閉容器に入れます。
②調味料Aを鍋に入れて少し煮立たせて、粗熱を取ってから①の容器に流しいれて混ぜる。
③冷蔵庫で保存する。保存期間は2週間程
Photo_20200417135901

≪アレンジ≫

旬のスナップエンドウとゆで卵に酢玉ねぎとヨーグルトソースを和えて
①スナップエンドウを湯がく
②卵は半熟卵くらいに茹でる
③湯がいたスナップエンドウとゆで卵に酢玉ねぎとヨーグルト、マヨネーズを和えて

完成! 
Photo_20200417135902


他にも、いつものおかずにトッピングしたり、加えたりして
色々アレンジをお楽しみください!

久保さん、ありがとうございました!




2020年4月16日 (木)

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆vol.1【滋賀】

☆野菜ソムリエコミュニティ紹介リレー☆

野菜ソムリエを取得した修了生が中心となって活動する協会認定の
地域コミュニティ、野菜ソムリエコミュニティ。

現在全国49カ所、海外1カ所の計50カ所で発足し、地域ごとに様々な活動をされています。

2020年度は大阪支社が担当する近畿・中国・四国地域で活動するコミュニティを
順番にご紹介!

地域ごとの農業の特色や伝統野菜などもご紹介できればと思います。

個人の活動のヒントにもなるかも!?

記念すべき第1回目にご紹介するのは野菜ソムリエコミュニティ滋賀です。
それではご覧ください!


◆野菜ソムリエコミュニティ滋賀◆
コミュニティ滋賀は2007年に発足し、今年で14年目を迎えます。
現在県内には485名の資格取得者がいますが、その約1/4の121名の方が会員です。
その内訳は
野菜ソムリエ上級プロ1名、
野菜ソムリエプロ17名、
野菜ソムリエ103名です。

会員には野菜・果物に関心のある主婦や一般の方を中心に、生産者やJA職員
農業改良普及員など生産や流通・販売に携わる専門家、料理教室を開く方、シェフなど
食に関する様々なスキルを持った方など幅広い人材で構成されています。

そのことから、一人一人の活動も活発で、それがコミュニティ活動の源にもなっています。

◆活動指針◆
活動を通じて近江の野菜や果物の魅力を生活者に伝え地域農業の発展
健康的な食生活の広報に貢献し野菜ソムリエの認知度向上を図りたいと考えています。
またコミュニティ会員相互の親睦を深め幅広いネットワークを作ることによって
活動の場を広げていきたいと思っています。

◆昨年の活動◆
昨年は
●地産地消応援の活動
●伝統野菜の広報活動
●生活者への広報活動
●会員相互の親睦を図る活動
●会員のスキルアップのための活動

など季節に合わせて18回のイベントを実施しました。

今年度もこれまで同様月1回の役員ミーティングを継続し、
季節に応じて多様なイベントを計画していく予定です。
活動内容はFacebookやインスタグラム、ブログを通じて発信予定です。
ぜひご覧ください!

Photo_20200413122102
↑地域の方へ向けて野菜のお話
Photo_20200413122101
↑小松菜の収穫体験
Photo_20200413122202
↑コミュニティで育てているじゃがいも、玉ねぎの収穫祭

◆メンバーの紹介◆

コミュニティの会員には様々な年代、職業の方がいらっしゃいますが
今回は会員の中から3名の方の活動を紹介します!

●立花 尚子さん
野菜ソムリエ上級プロ・ベジフルビューティーアドバイザー
アスリートフードマイスター3級・メンタルフードマイスター2級
Photo_20200413115703
メディア業界での経験を活かして野菜が主役のフードツーリズム定着の推進をテーマに
地域食材の案内人として地元生産者と飲食関係者をつなぐプロジェクトに多数参加。
イベント企画から執筆、セミナー講師などオールマイティーに活動しています。
2019年に滋賀県で初開催した「全国在来かぶらサミット」の発足人。

●藤岡 いずみさん
野菜ソムリエプロ・アスリートフードマイスター3級
Photo_20200413115702

 料理教室や農産物をテーマにしたイベントで、地域農業の活性化に力を注ぐ。
伝統野菜の復活事業にも取り組み、商品開発したNEO兵主蕪ディップ
人気商品です。他、セミナー講師、ラジオ出演、料理教室、生産者と飲食店のコラボ企画など
幅広く活動されています。

NEO兵主蕪ディップお問合せ
http://vegemate.biz/profile/



●辻川 育子さん
野菜ソムリエプロ・ベジフルビューティーアドバイザー・フードツーリズムマイスター
Photo_20200413115701

生産者と生活者をつなぐ架け橋として滋賀で頑張る農家さんたちが集まる
「くさつFarmers' Market」を運営。ワークショップや体験イベント・料理教室などの
食育活動・コラムなどを通じて、滋賀の野菜・果物の魅力や作り手の想いを伝える活動に
尽力しています。

くさつFarmers' Market
https://kst-farmersmarket.amebaownd.com/


◆滋賀の農業・野菜◆

滋賀県は琵琶湖の周囲に多くの水田があります。
耕地の92%が水田であり、野菜の生産量は全国43位と非常に少ないことが特徴です。
そのため、水田から畑への転作や裏作で水田を利用し、キャベツ、白菜、大根、カブ
(京都の千枚漬けのカブも実は滋賀県産がほとんど)が各地で栽培されています。

またビニールハウスではホウレンソウ、ネギ、シュンギク、キュウリなどが栽培されています。
特に草津市北山田町のビニールハウス団地は2200棟が並ぶ近畿最大の団地です。

また、伝統野菜も多く、果菜類では下田ナス、杉田なすび、水口カンピョウ、弥平トウガラシ
など5種、根菜類では日野菜、万木カブ、山田ねずみ大根、伊吹大根、秦荘のやまいも、葉菜類では
鮎河菜、食用菊として坂本菊などが栽培保存されています。

中でも有名な日野菜についてご紹介します。
日野菜は滋賀県蒲生郡日野町が発祥の地で太さが100円玉くらい、長さ30㎝の細長くて赤紫と白のかぶです。
独特の辛味と苦みがくせになる味わいで漬物にして食べるのが一般的です。
滋賀の食文化財にも認定されていて
紅白の姿がめでたいと婚礼などの祝賀料理にも添えられます。
Photo_20200416103201
日野菜 写真:滋賀県提供


琵琶湖と共生してきた農林水産業が、「日本農業遺産」に
認定されている滋賀県。
県では伝統的な琵琶湖漁業、環境こだわり農業、魚のゆりかご水田、
水源林保全など、「琵琶湖システム」として世界農業遺産に申請中です。
https://www.pref.shiga.lg.jp/biwako-system/
伝統野菜の情報もこちらから↑

日本一大きな湖、琵琶湖と共にある滋賀県の農業。
大変興味深いですね。

以上、コミュニティ滋賀をご紹介させていただきました。
様々な活動をされている会員の方がいらっしゃり、
そしてそのメンバー皆さんが集まって幅広い活動をされていますね。

まだ会員でない皆さんもぜひ、これから活動に参加されてみませんか?

コミュニティ滋賀の情報はブログやFacebook等でご覧いただけます。
ブログ
https://ameblo.jp/shiga831blog/

Facebook
https://www.facebook.com/shiga831/


ぜひ、ご覧ください!
コミュニティ滋賀の皆さまご協力ありがとうございました!




2020年4月13日 (月)

野菜で免疫力アップ!~アスパラガス~

◆アスパラガスで免疫力アップ◆

今回は大阪府の野菜ソムリエ上級プロで管理栄養士の野口知恵さんに
アスパラガスをご紹介いただきました!

*****

アスパラガス☆
フランスでは春を告げる野菜の1つ。
今はなかなか家から出られませんが、食卓でを感じることができます。

アスパラガスには栄養ドリンクにも入っているアスパラギン酸が含まれます。
ちなみに穂先の方が多く含まれていると言われています。
他にもビタミンB群の葉酸やビタミンKも豊富に含まれます。
カロリーは1本(太め)でたった約5Kcalです!

またアスパラは1日に約6~7cmほど伸びるパワーのあるお野菜です。
伸びるとこの写真のような感じになります。
Photo_20200413110201

こちらは出てきたばかりのアスパラですがすぐに収穫されてしまいます。
Photo_20200413110203

今回は茹で卵を使って、タルタル風にした食べ方をご紹介します。
卵と合わせて食べるとカラダを作る為に必要なたんぱく質も一緒に摂ることができ
おすすめです!

【アスパラガスのタルタル風】
①茹で卵を細かめに切り(これがポイントです!)マヨネーズと
細かく切ったらっきょうを合わせる。
(らっきょうは旬の新玉ねぎでも美味しいです。)
②茹でたアスパラガスにのせていただくだけ♩
Photo_20200413110202


簡単免疫力アップメニューにぜひ作ってみてください♪
*****

ぐんぐん育つアスパラに元気をもらえそうな一品ですね。
野口さん、ありがとうございました!

●野口 知恵●
野菜ソムリエ上級プロ・管理栄養士
日本野菜ソムリエ協会講師。
食べたものでカラダはできている
「おいしい!」の感動を多くの人と感じる事をモットーとし、
講演、レシピ開発、コラム執筆など幅広い活動を通じて、野菜・果物×栄養を伝えている。
手軽に健康な食生活を提案します!

«野菜で免疫力アップ!

このブログについて

  • 日本野菜ソムリエ協会大阪支社のブログです。
    大阪支社で担当している地域の野菜ソムリエ情報をお届けいたします。
    なおブログ上でのコメントへの返信は控えさせていただいておりますのでどうぞご了承ください。

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30