野菜ソムリエ★ナビ

  • 野菜ソムリエブログリンク集 野菜ソムリエ★ナビ

野菜ソムリエ養成講座

  • 野菜ソムリエ養成講座

Copyright(C)

  • 2011 Japan Vegetable Sommelier Association All Rights Reserved.

« 野菜ソムリエアワード地区選考が開催されました | トップページ | ミシェル・ブラス トーヤジャポン »

2017年3月28日 (火)

野菜ソムリエプロによる季節やさいの勉強会

こんにちは。野菜ソムリエ、ベジフルライターの福島 陽子です。

雪がとけてきたと思ったら、急に吹雪いたり、落ち着かない天気の日々が続いていますね。

そんな待ち遠しい春を迎えに行くような催しが、先日、野菜ソムリエ協会 札幌支社で開催されたので参加しました。勉強会のタイトルは「季節やさいの勉強会~2017 春」。

8951aff168a34422ae9050eae9355729_2

                             

北海道ではたくさんの種類の野菜が生産されていますが、品種が違えばその味や調理法も違います。この講座では、それぞれに最適な調理法を覚え、野菜を美味しく食べきる方法を学びました。

今回のテーマは、もやし、玉ねぎ、ニラです!

Da20fc5f09e44adb9b6b58262b0bad1b_2

 

前半は、栄養価や保存方法、特長など、これらの野菜の基本について詳しく教えて頂きました。

まずは、日本の食卓に欠かせない もやし。しかし、近年もやしの生産農家さんが減少しています。原料となる緑豆が値上がり傾向なのに対し、安い販売価格を変えることが出来ないのが理由だそうです。

農家さんの厳しい現状を知り、もっと もやしを食卓で利用したいと感じました。

もやしは保存する場合、袋のまま冷蔵庫に置くのが適していますが、1日でビタミンCが約30%減少するそうなので、買ったその日のうちに食べきりたいですね。

続いては 玉ねぎです。玉ねぎ特有の臭いは硫化アリルなどのイオウ化合物の臭いで、玉ねぎを切ると涙がでるのもこの成分のため。硫化アリルには殺菌作用、ビタミンB1の吸収を高める作用のほか、新陳代謝が促進される効果があると言われています。

日本の1年間の玉ねぎ収穫量は107万トン。この収穫量を全都道府県別でみると、北海道が第1位で、全国の収穫量の50%以上を占めているそうです。

そのうち40%の収穫量を占めるのが、北海道東部のきたみらい地域。JAきたみらいでは全国の消費者の食卓に、年間で23万トン(国民1人当たり10玉相当)もの玉ねぎを出荷しているそうですよ!

座学の最後は、ニラのお話。冬から春にかけてが旬のニラは、北海道知内産ニラ「北の華」が紹介されました。1971年、コメの減反の転作作物として知内町の8戸の農家から始まったニラの試験栽培。勉強会を開くなど栽培技術を磨き、当初1ヘクタールにも満たなかった作付け面積は、2015年には28ヘクタールを超え、栽培農家も71戸を数えるそうです。

 

6cc6bd7968854ecda37252ea5ff22452_2

勉強会の後半は、フライパン1つで作れるお料理のミニ講座。前半で学んだ野菜の、最適な調理法を教えて頂きました。

 

5828b219016647f1b8a14963c8d6d694_2

一品目は「もやしとニラのナムル」。もやしとニラは、フライパンに並べて水を200ccほど入れて蓋をして蒸します。大量の水で茹でずに蒸す理由は、野菜の旨みや栄養素が水に逃げないようにするためです。

 

Img_6020_3

「黒豆もやし」(ブラックマッペ)「緑豆もやし」「大豆もやし」の3種類のもやしで作り、食べ比べしました。

黒豆もやしは細長くてやわらかめ、緑豆もやしは色白の太めでシャキシャキしていました。定番の「豆もやし」は食べ応えがあり、やっぱりナムルに合いますね。

S_img_5996_2

 

二品目は、「ニラのチヂミ」。香ばしい焼き海老と、たっぷり入ったニラの甘味を楽しみます。岩手県の野菜ソムリエ上級プロ 千田 広子さんが作った「ピーマン美噌」とポン酢をつけて頂きました!

Bda49be0925440bd9051e58d401b3484_2

 

三品目は「サラダ用玉ねぎのカレーマリネ」。静岡産の新たまねぎを使用しました。玉ねぎは繊維に沿って切ると水分が出にくいそうです。栗田先生いわく「玉ねぎは料理によって切り方を変えましょう。」

Img_6007_2

 

このほか、「玉ねぎときのこのスープ」など、あともう一品!という時に役立つメニューを教えて頂きました。

Fd1834ab1f2a4335af65243fd6c42a29_3

 

講師は、野菜ソムリエ協会認定料理教室「VF COOKING SALON」主宰である野菜ソムリエプロ 栗田 幸江先生。野菜ソムリエが受講する講座「ベジフルクッカリー」の講師でもあります。

野菜をまるごと美味しく活用する栗田先生の「季節のやさい勉強会」、次回は523日の開催です。テーマは「カラー野菜」の勉強会。一般の方もご参加できますので、お申し込みはhttp://vf.way-nifty.com/lesson/2017/03/post-d222.html 

または日本野菜ソムリエ協会 札幌支社011- 281-8420までお問い合わせ下さい。

 

 Photo_8 福島 陽子

札幌円山在住野菜のソムリエ。日本野菜ソムリエ協会札幌支社公認ベジフルライター。まつのベジフルサポーター。円山を街ブラして見つけたお店や季節の最新情報、ステキな食材を使った私の手料理をブログでご紹介しています!ベターホーム料理教室歴7年。野菜ソムリエのイベントでの野菜販売、レシピのアドバイスもしています。

http://yyyouko14.xsrv.jp/ 福陽ブログ 検索

« 野菜ソムリエアワード地区選考が開催されました | トップページ | ミシェル・ブラス トーヤジャポン »

04.協会養成講座修了生イベント情報」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215728/65073737

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜ソムリエプロによる季節やさいの勉強会:

« 野菜ソムリエアワード地区選考が開催されました | トップページ | ミシェル・ブラス トーヤジャポン »

このブログについて(札幌支社)

  • 日本野菜ソムリエ協会札幌支社のブログです。
    札幌支社で担当している地域の野菜ソムリエ情報をお届けいたします。
    なおブログ上でのコメントへの返信は控えさせていただいておりますのでどうぞご了承ください。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31