野菜ソムリエ★ナビ

  • 野菜ソムリエブログリンク集 野菜ソムリエ★ナビ

野菜ソムリエ養成講座

  • 野菜ソムリエ養成講座

Copyright(C)

  • 2011 Japan Vegetable Sommelier Association All Rights Reserved.

« 北海道の旬と本州の旬の違いを考えてみる | トップページ | 北海道の行者ニンニクをさっぱりと »

2017年4月30日 (日)

原木しいたけの菌駒打ち初体験!

こんにちは。
野菜ソムリエプロ・ベジフルライターの出口恭美子です。

野菜ソムリエプロ仲間の佐竹さんにお誘いいただき、原木しいたけの菌駒打ちに行ってきました。
野菜の収穫は幾度となくしていますが、しいたけの菌駒打ちは初体験!

畑は、羊蹄山が目の前のとても素敵なロケーション♪

201704239

蕗の薹も顔を出してました。

201704231

北海道にもようやく春がやってきましたね^^

最初に、2年前に植菌したほだ木を見せてもらいました。

201704232

しいたけ菌は直射日光に弱いので、日陰で育てます。
水分も必要なので、時々水を与えるそうです。

2017042311_2

小さなしいたけの赤ちゃんが出てきていました!
環境にもよるそうなのですが、本格的にしいたけが出てくるのは、
植菌してから2年ほどかかるそうです。
ちなみに、本州ではクヌギの木を使う事が多いと思うのですが
北海道ではクヌギが自生していないので、コナラの木を使っているそうです。

それでは、いよいよ私も植菌スタート!
まずは、お好みの木を選んで、穴をあける場所にシルシをつけ、ドリルで穴をあけます。

201704233

電動ドリルで穴をあけるのも初体験。
かなり真剣です。

穴をあけた後は、1つ1つ菌を打ちこんでいきます。

201704234

愛情をこめて、大きくおいしくできるように念じながら打ちましたよ。
1本1本こんな風に穴をあけて菌を打って、運んだりするだけで
かなりの労力です。
その後の管理もかなり手間がかかるので、
原木栽培はやっぱり大変なご苦労があるのだな~と実感しました。

しいたけの駒打ちが終わった後は、いももちをいただきながら少し休憩し、

201704235

越冬にんじん掘りもさせていただきました。

201704237

長い冬の間、雪の下でじっくりと甘みをたくわえています。
こちらは、黄色いニンジンの金美ニンジンです。

さらに、行者にんにく採りもさせていただきました。

201704238

とっても素敵な空気と景色の中、貴重な体験ができてとても楽しかったです。

佐竹さん、ありがとうございました。





P1160583_6【野菜ソムリエプロ・出口恭美子 プロフィール】

2016年5月に横浜から札幌に引っ越してきました!

北海道のおいしい食材を楽しみながら、食材の魅力を発信中です。

また、野菜ソムリエ、栄養士、エコ・クッキングナビゲーターなどの資格を生かし、
QOLの向上を目的に食事バランスや野菜・果物の必要性&魅力を伝える講師活動やコラム執筆なども行っています。

お仕事実績は、こちらをご覧ください→ 野菜ソムリエカンパニーHP

個人ブログも更新中です→ 野菜でおいしく美しく♪

« 北海道の旬と本州の旬の違いを考えてみる | トップページ | 北海道の行者ニンニクをさっぱりと »

09.季節の野菜果物情報便」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原木しいたけの菌駒打ち初体験!:

« 北海道の旬と本州の旬の違いを考えてみる | トップページ | 北海道の行者ニンニクをさっぱりと »

このブログについて(札幌支社)

  • 日本野菜ソムリエ協会札幌支社のブログです。
    札幌支社で担当している地域の野菜ソムリエ情報をお届けいたします。
    なおブログ上でのコメントへの返信は控えさせていただいておりますのでどうぞご了承ください。

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31