« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

第7回野菜ソムリエサミット終了しました

8月27日(土)に東京・名古屋・大阪にて、ピーマン/パプリカを
テーマにした『第7回野菜ソムリエサミット』を開催しました。

品評会の順位結果、コメントは、9月12日頃の掲載を予定しています。
もうしばらくお待ちください。

試食会の模様は日本野菜ソムリエ協会Facebookでもレポートしています。
http://www.facebook.com/vegefru

ご出展いただいた方々、お忙しい中ご来場いただきました審査員、
ご参加者の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

Dsc_8223_2 

ピーマン/パプリカの生産者情報です

野菜ソムリエによる野菜と果物の品評会『第7回野菜ソムリエサミット』。

テーマ野菜のピーマン/パプリカをご出品いただく方々をご紹介いたします。
当日は16種類のピーマン/パプリカ、新潟県かぐら南蛮の味噌漬け、
パプリカベジドレッシングの試食を予定しています。
通信販売の有無等、詳細はサミット終了後にお知らせいたします。


●北海道有珠郡
ピーマンが苦手なお子様でも食べやすいように、苦味を少なくしたピーマンです。
特徴的な甘みを出すには、普通のピーマンより少し長く樹で熟させる必要が
あります。肉厚なジューシーさを生かしてサラダに、また肉詰めや炒めものでも
存在感たっぷりで主役として楽しめるピーマンです。

●青森県大鰐町、平川市
肉厚で歯ごたえがあり、ピーマン臭の少なさと甘さが特徴です。
従来のピーマンよりも大きいですが、種子部分が少なく、可食部分は
約85%です(通常のピーマンは約60~65%)。ざっくりと大きめの乱切りで、
軽く火を通すだけで美味しくいただけます。

●青森県十和田市
畑ごとに「土壌診断」を行い、ピーマンが生育しやすい土づくりを徹底し
栽培しています。中嶋農法に学ぶ健康な土づくりから野菜本来のうまみを
引き出す栽培方法で生産しており、作物本来の栄養、旨みがよみがえり、
ビタミン、ミネラルが豊富な野菜です。

●宮城県栗原市
茶色は、パプリカの中でも一番甘い色です。『EAT COLOR!』をキャッチ
フレーズに、食卓に彩りの元となる食材を提供します。天敵昆虫の導入や
養液のリサイクル、2重フィルム温室による暖房効果等を栽培に使用して、
安全性・環境面に配慮した栽培を行っております。

●山形県飽海郡
約90名の全組合員が、肥沃な大地の恵みを存分に受けることのできる
土耕栽培に取り組んでいます。今後も、安定生産技術や各種病害対策を確立し、
出荷量の増大や品質の均一化などによりブランド力の強化を図っていきます。

●茨城県鉾田市
未熟果でも甘みがあり、普通のピーマンより食べやすい。従来の中、大玉の
カラーピーマンより小さく、フルーツのような甘さと香りがあり、生のまま
デザート感覚で楽しめます。種が少なく、ヘタも小さいので調理もしやすいです。

●茨城県神栖市
天敵昆虫を利用した無化学肥料の有機栽培です。子供たちに食べやすい
ピーマンを目指して、10年かけ飼料や米糠を混ぜた籾殻堆肥作り、苦みが
少ないピーマンが出来ました。丸焼き、佃煮、お浸し、生でも、焼いても、
どんな調理でも美味しく食べられます。

●千葉県匝瑳市
生産者全員が減農薬・減化学肥料を実践しています。緑ピーマンの約2倍の
期間を要し、樹に負担がかかる栽培です。そのため病害に犯されやすく、
果実も小さくなりがちですが、肥料その他の栽培努力により、おいしい
ピーマンを年間食していただけるよう努力しています。

●長野県中野市
ヨーロッパ型施設園芸のアジア型「半閉鎖温室」で『2011農業・食料イノベーション
大賞技術部門賞受賞』を受賞しました。肉厚で、甘味、酸味があり生食は
もちろん、加熱調理でも形が崩れにくいので向いています。トマトと同様、
酢、オリーブオイルなどと相性が良いです。

●長野県下伊那郡
フルーツ感覚で食べられる、ピーマンとは思えない甘さです。
県のエコファーマー認証を取得し、減農薬を目指し実践しています。灌水の水は
井戸水を汲み上げて使用しています。

●鳥取県日野郡
パプリカとグリーンピーマンの中・大型種との1代交配種です。通常の
パプリカと違い、皮が薄く糖度も8度から9度と高く生食・加熱調理等色々な
料理に使用できます。堆肥・有機肥料を使用することで、糖度向上を図ると
共に農薬の使用を極力減らし、安心安全なカラーピーマンを生産しています。

●高知県南国市
何より自分で食べて美味しく笑顔になる野菜を育てる様、木の状態を一番に
毎日管理をし栄養剤は人が口にしても安全な物を与えて美味しい野菜を
生産しています。測定最高12度の糖度の高さや糖含量は、通常の品種を
かなり上回っています。クエン酸量も高いのが特徴です。

◆どなたでもご参加可能!品評会出展のピーマン/パプリカの試食が
できます!

*****お申込み方法******

*事前入金をお願いいたします。
■お申込みはこちら
【東京会場】
(HPからのお申込)https://fooddiscovery.co.jp/eventorder_tokyo
(お電話の方)03-5489-1131 平日10:00~18:00

【名古屋会場】
(HPからのお申込)https://fooddiscovery.co.jp/eventorder_nagoya
(お電話の方)052-249-9557 平日10:00~19:00

【大阪会場】
(HPからのお申込)https://fooddiscovery.co.jp/eventorder_osaka
(お電話の方)06-6346-5505 平日10:00~19:00

<HPからのお申込の入力手順>
1、 ご希望会場のイベント項目をチェックし、「申し込む」を押す
2、 *印の必須事項を入力
3、 協会修了生の方は「会員番号(7桁の数字)」を、プレミア会員の有無を入力
   認定レストランスタッフの方は店舗名を入力
4、 「入力内容の確認」のボタンを押し、お申込内容の確認
5、 お申込内容確認後、「上記内容で送信する」ボタンを押す。
*お申込内容確認後、受付完了メールを返信いたします。

※定員に達し次第締め切らせていただきますので予めご了承下さい。
※キャンセルされる場合は、事前に必ずご連絡をお願いします。
  8月19日(金)よりキャンセル料が発生します。

【お振込先】
三井住友銀行 渋谷支店 普通 8992338
フードディスカバリー(株)

【お問い合わせ・ご連絡先】
日本野菜ソムリエ協会 
野菜ソムリエサミット事務局まで
平日10:00~19:00 03-5489-8636

協賛企業
Takii_logo_2 

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »