« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

野菜ソムリエサミット『ブドウ』出展者募集

Dsc_6273 Dsc_6377 Dsc_6346


野菜ソムリエサミットに出品しませんか??

現在、第15回野菜ソムリエサミットに
ご出展をいただける生産者の方を募集しております。
下記要項をご覧の上、奮ってご応募ください!

■『第15回野菜ソムリエサミット』出展者募集要項

【テーマ野菜】ブドウ

【開催日】 2013年 8月3日(土)

【開催場所】協会本部渋谷教室・名古屋教室・大阪教室

【出展申込期限】2013年6月24日(月)              

※出展をご希望される場合は、下記企画書・募集要項をご覧いただき
 申し込み用紙に御記入の上、お申し込みください。

1.【企画書】第15回野菜ソムリエサミット

2.【募集要項】品評会

3.【申込用紙】第15回野菜ソムリエサミット申込用紙


【ご出展条件】
* 8月2日(金)必着にて東京・名古屋・大阪の各会場に
  合計約160名分の品評会・試食会用生産物をご提供いただける方
  (詳細につきましては、正式な出展依頼と共にお知らせ致します)

【ご出展のメリット】
★品評会で評価の高かった出展者を表彰いたします。
 ホームページ等でご紹介いたします。
★品評会・展示試食会の参加者約160名に対して、
 生産者と生産物の情報を紹介いたします。
★ご自身の出品物に対する審査員評価とコメントは、すべてフィードバックいたします。
★ご出展いただいた生産物は、野菜ソムリエサミット終了後
 日本野菜ソムリエ協会直営青果店「野菜ソムリエの店 Ef:」「認定青果取扱店」、 
 直販サイト「ファーマーズマーケット」での取り扱いをいたします。

※第14回(テーマ:キュウリ)開催時の新聞掲載記事はこちら
 

****************************************************************

■ブドウの加工品ご出展者も同時募集!

【ご出展条件】
*7/30(火)までにサンプルをご提供いただける方
 (見本品+試食用/数量はご相談ください)
*出展していただく商品についての諸情報(購入方法など)もご提供願います。

【出展申込期限】 2013年6月24日(月)

【応募方法】
※出展をご希望される場合は、下記募集要項をご覧いただき
 申し込み用紙に御記入の上、お申し込みください。

1.【募集要項】展示試食会

2.第15回サミット申込用紙

【加工品のご出展に関して】
・ご自身の出品物に対する参加者のコメントは、すべてフィードバックいたします。
・後日、出品物の情報をウェブサイトにご紹介いたします。

****************************************************************

【応募条件・権利規定および応募に関する諸注意】
 以下を必ずご一読いただき合意をされた上で、メールまたは郵送でご応募ください。
・提出された資料は原則として返却しません。必要な場合は、予め控えを残してから
 応募してください。
・生産物の提供、および送付にかかる費用はすべて応募者のご負担となります。
 また、送付時に破損等が発生しても主催者は一切の責任を負いません。
・審査において、応募者へ応募品についての問い合わせをすることがあります。
・主催者は、受賞者・受賞生産物の情報をウェブサイト、または主催者が発行する
 各種の媒体で発表いたします。また、主催者はマスコミに対しプレスリリース等で
 受賞情報を提供します。
 その他個人情報の取り扱いにつきましては、
 日本野菜ソムリエ協会のプライバシーポリシーに準拠します。
 (http://www.vege-fru.com/privacy.html

【応募・出品に関する問い合わせ先】
一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会
野菜ソムリエサミット事務局 竹林・寺崎
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA 12F
営業時間 10:00~19:00(土・日・祝休)
TEL:03-5489-1131
E-mail:summit@vege-fru.com

【結果発表!食味評価】第14回野菜ソムリエサミット~キュウリ~

野菜ソムリエによる野菜と果物の品評会『野菜ソムリエサミット』
第14回はテーマを「キュウリ」として、20組の生産者様からご出展いただきました。
(※うち1組は生育不良のため、審査は19組にて実施)

【評価基準】
生産者情報未開示にて「香り・食感・味」の3項目を評価
*生食にて評価

結果は以下の通りです。

※購入評価の結果はコチラ


■食味評価部門
Vss_kyuri_t_3
(*は審査員によるコメント)

<大賞>
第1位
「キュウリ」
ファーム ベジコ 長崎雅代(高知県高知市)
Dsc_6211_3
*他のキュウリとは全く違う味に驚き。甘くフルーツのようで目隠しをしたら
  きゅうりとは思えない。
*メロンのようなフルーティーな甘みを感じる。
*とてもフルーティーで華やかな香りが口いっぱいにひろがる。
   何もつけずそのまま食べたい。

<入賞>
第2位
「キュウリ」
JAふかや(埼玉県深谷市)
Dsc_6224_3
*パリパリとした食感は、生で食べるキュウリにふさわしい。
   エグミが少なく、甘さとみずみずしさを感じる。
*とても素直な味。さわやかな香り。食感はカリッとしていてみずみずしい。
  クセのないシンプルだけど甘みのある味です。何にでも合いそうだし
  そのまま食べてもgood!

第3位
「きゅうり」
海陽町元気農業研究会(徳島県海部郡海陽町)
Dsc_6239
*青っぽさが少ないので、キュウリの青臭さが苦手な人も食べやすいかと感じます。
 水分が少なめなので、お弁当にも向いていると思う。
*皮の固さが程良く、パリッとした食感が心地よい。水分が少ない様に感じたが、
 その分凝縮した旨味を感じる。

第4位
「ミネラルキュウリ」
田中農園 田中雅秀(長野県飯田市)
Dsc_6190
*歯切れがよく、クセのない味なので、サラダ・和え物・炒め物などどんな料理にも幅広く使えそう。
*皮の歯切れがよく、全体的な食感も良いので、スティック状に切って食感を楽しみたい。


第5位
「「加茂の意地」ブルームキュウリ」
にいがた南蒲農業協同組合 加茂市ビニールハウス栽培組合(新潟県加茂市)
Dsc_6248
*歯ざわりのよさが特徴。きゅうりならではの香りや風味がしっかりとしていて、
   夏の暑い日にピッタリ。浅漬けにしてみたい。
*外皮がしっかりとしていて、懐かしいキュウリの味がする。若干の苦みも感じられ、そこがこのキュウリの魅力だと思う。

上位5組に入らなかったキュウリも、評価点は僅差でした。
生産者の皆様、当日審査員としてお越しいただきました皆様、
本当にありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。

【結果発表!購入評価】第14回野菜ソムリエサミット~キュウリ~

野菜ソムリエによる野菜と果物の品評会『野菜ソムリエサミット』
第14回はテーマを「キュウリ」として、20組の生産者様からご出展いただきました。
(※うち1組は生育不良のため、審査は19組にて実施)

【評価基準】
生産者情報開示にて「外観・生産者のこだわり・価格」の3項目を評価
*生産者のこだわり・価格については事前にご提出いただいた情報をもとに評価

結果は以下の通りです。

※食味評価の結果はコチラ

■購入評価部門
Vss_kyuri_t_2
(*は審査員によるコメント)

<大賞>
第1位
「ミネラルキュウリ」
田中農園 田中雅秀(長野県飯田市)

Dsc_6191
*土地の環境と栽培技術をバランスよく組み合わせ、地産地消にこだわった販売が評価できる。
*中央アルプスの地下水のおかげか、まっすぐに育ち、見た目からもみずみずしさを感じる。
*しっかりとした存在感なのに低価格で驚き。


<入賞>
第2位
「イボなしきゅうり フリーダム」
古川農園(大阪府富田林市)


Dsc_6229
*シールにこだわりが詰まり、よく伝わるパッケージでした。包装も丁寧できれい!
 特徴があり、スーパーにもあったら買いたいキュウリです。
*ストレスなく育てること栽培方法だけでなく、情報発信を自ら行うなど、キュウリと農家さんの熱い想いが伝わる。
 食べる人の口に入るまでの過程をだれよりもこだわっているんだと感じる。

第3位
「キュウリ」
JAふかや(埼玉県深谷市)

Dsc_6224_2
*花付きで収穫出荷をするというこだわりは鮮度の表れ。スーパーでも、直売でもみつけたら絶対に買います!
*値段が高く感じられたが、環境への配慮や栽培方法の工夫から納得できる値段。
 花付きで出荷しているので、より新鮮さを感じる。


第4位
「四川キュウリ」
本田農園(石川県小松市)
Dsc_6197

*外観は目を引く多数のいぼ。鮮度の良さを感じる。土壌分析を基にした施肥設計などこだわりを感じる。
*四川きゅうりが大好きなので、売っていたら是非買いたい。ちょっとお高めなので、おもてなしのオードブルで使いたい!


第5位
「キュウリ」
ファーム ベジコ 長崎雅代(高知県高知市)
Dsc_6211

*包装がかわいい。ワンランク上のイメージ。
*値段も手ごろでハーブと野菜を作られていて環境が良いなぁと感じられた。

上位5組に入らなかったキュウリも、評価点は僅差でした。
生産者の皆様、当日審査員としてお越しいただきました皆様、
本当にありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »