« 【東京10/25】「秋の希少野菜と中国美肌食材コース」@中国湖南料理「華湘」 | トップページ | 【東京11/27】「十和田おいらせミネラル野菜」と「月世界の醤」を楽しむ »

【福岡】知れば納得!すぐに使える!『食を見るポイント』 ~食品の表示の見方と食品添加物~

知れば納得!すぐに使える!
『食を見るポイント』
~食品の表示の見方と食品添加物~
●日時:2011年11月3日(木)13:00~15:00
●講師:石戸谷学先生
●場所:協会本部福岡教室
日本の食を取り巻く環境が大きく変化した中に、加工食品や輸入食品があげられる現在。
加工食品なしの食生活って考えられない時代に、とても気になる課題の講座でした。
知らずに食べるよりも、知って食べる
まさに、この言葉に尽きる講座の開講です!!
☆食品表示の役割☆
食品表示の役割として、「生活者(消費者)への商品の正確な情報の伝達」
これは、買う側のための表示だそうです。
表示に必要な項目は、農産物・畜産物・水産物それぞれに決まりがあるそうです。
農産物には○○県産って書いてあるのに、
畜産物には国産って表示になっている。
疑問に思った方も多いのではありませんか?
畜産物(牛や豚)は、生き物です。もし敷地が県をまたいでいた場合、
特定しにくいですよね。
正直、びっくりしました。
☆食品表示の見方のポイント☆
①原材料名を重量の多い順に記載
②添加物は原材料の次に表示
③栄養成分表示については、5つの栄養成分の後に特定の栄養成分が入っていることを記載
原材料名を見ていると、商品によっては食品添加物だけで作られているものもあります。
また、アレルギーの表示も義務づけられていますので、食べ物から生命を守ることにつながります。
☆食品添加物☆
食品に添加する物質で、食品添加物は食品とは定義されていないそうです。
栄養の有無は基本的に関係ないといえる為、カロリーゼロとうたえるそうです。
☆食品添加物を使うメリット☆
①食中毒のリスクを抑えることができる
②長期に保管(保存)できるようになる
③大量生産できるようになる
④品質が安定する
☆使用することで別の効果が期待される食品添加物☆
食品添加物 本来の効果 別の効果
乳化剤 混ざりにくいものを混ぜやすくする 塩味や酸味をまろやかにする
酸化防止剤 酸化を防ぐ 変色防止
発色剤 色を出す 微生物の発生を抑える
香料 香り付け 味の調整(より甘くやよりすっぱく)
☆食品添加物・表示に注意すべきポイント☆
①日本で使用が許可されていても、他国では許可されていないものもある。
②容量の単位をみてみる。(g・mg・μg)
③低糖と無糖のからくりに注意する(低糖→2.5g以下/100g:無糖0.5g以下/100g)
何事にも、知らないより知って、選択できる知識が必要なことが再確認できる講座でした。
加工食品に頼ることの良し悪しではなく、いかに上手に取り入れるかをしるきっかけになりました。
野菜ソムリエ : 森梢