« 飲む点滴 甘酒×スムージー
 ~腸内美人は肌美人~
| トップページ | アカデミックレストラン
【 GINZA Kansei × 野菜ソムリエ+ 東京農大生=??  】 »

チームふくしま企画
『皆で作って食べよう!冬のふくしま野菜であったか鍋!』

開催日:2014128()19002100

会場:渋谷区文化総合センター大和田

講師:チームふくしま
   浅見みちるさん、岩崎真理子さん

チームふくしま企画『皆で作って食べよう!冬のふくしま野菜であったか鍋!』
参加してまいりました。

私自身は、関東出身で今までは福島にあまりご縁はなかったのですが、
以前別のイベントで岩崎さんと浅見さんやチームふくしまの皆さんにお会いして、
アットホームな雰囲気と、福島の野菜のおいしさを伝えたいという想いに共感し、
福島の魅力を伝える仲間になりたいと思い、参加を決めました。

当日も会場は、講師のお二人を始め皆さん元気な方ばかりで、アットホームな雰囲気。

とまと、にんじん、なす、りんご、みかんの5班に分かれて着席。

Photo

素材は、福島のお野菜や肉、調味料がずらり

福島県須賀川市“はたけんぼ”さんから、

Photo_2


ネギ、大根、ごぼう、白菜、ジャガイモ、人参、ニラ、春菊、水菜
そして
コシヒカリでできた米粉麺“お米んぼ”

東京 葛西にある福島アンテナショップ“ふくしま市場”さんから
会津地鶏、厚揚げ、調味料などを提供していただき
他にも、すいとんの粉や、豆麩などなど材料は全部で
15種類くらい
この時期にこれだけの種類が集まるなんて、福島は食材が豊富なんですね

Photo_3

コミュニティー福島の藤原かおりさんが福島の現状と、
福島の魅力をお話してくださいました。

『関東にはもともと福島の野菜の販路が少ないです。
美味しかったらで良いのでぜひ、福島の野菜の美味しさを伝えて欲しい。
それが福島の復興につながります。』

とても心に響いた言葉でした。

それぞれ鍋のテーマを決めて、料理に取り掛かる。

私の班は、かつおと昆布で出汁をとり福島の恵みたっぷりのちゃんこ風鍋。
お米んぼをショートパスタ風に刻み〆も一緒に食べられる工夫をしました。

40分と決められた時間でどの班も手際よく仕上げていました。

Photo_5

それぞれが持ち寄った調味料で味付けを工夫したり、
すいとんを入れる班があったり、

“福島の素材”“鍋”しかテーマが決まっていない中で、
5種類の味も見た目も違う鍋が出来上がっのには、感動しました。


ふくしまの磐梯熱海温泉“ホテル華の湯”さんの大人気ビュッフェを手がける
株式会社トータルフード小倉朋子さんから、
華の湯さんの“華カレー”が振舞わました。

福島の米粉のルゥーと白河高原清流豚で作った、スパイシーで美味しいカレーでした。
一緒にいただいた福島産コシヒカリも香りもよく、とても甘みがありました。


ドキドキの審査の時間。

味部門は藤原かおりさんに、
チームワーク部門は小倉朋子さんに審査をしていただきました。

味部門は、なすチームが受賞。

Photo_6

地鶏スープベースに福島出身の女性特製のすいとん入りの鍋。
隠し味に福島のえごま味噌と唐辛子味噌を入れ、
各々が持ち寄った調味料で味を変えながら何度も楽しめるよう
工夫をしたそうです。


チームワーク部門は、みかんチームが受賞。

Photo_7

4人という少ない人数でしっかりと役割分担し、手際よく丁寧に仕上げていました。

震災から
3
年後、ようやく販売できるようになった伊達市のあんぽ柿を始め、
福島の日本酒と里芋、
ホテル華の湯 華カレーとジャガイモなどが
賞品として贈られていました。


私の班は惜しくも、入賞しませんでしたが、福島の素材だけで鍋を作って、頂く。
貴重な経験ができました。


福島の農産品は1生産者1品目ずつ全てモニタリング検査を行い、
厳しい基準を設けている
と伺いました。


福島の方が苦労をしながら大切に育ててくれた農産品、
これからも大切に頂いたり、魅力を伝え続けていきたいです。


食べれることの幸せ、知って食べることの大切さを改めて
学びました。

暖かいチーム、暖かいイベントでした

Photo_8

《レポート作成》

森加奈子 ジュニア野菜ソムリエ

農業、食の大切さを次世代にも伝えていきたい。

の想いで農業と食を繋ぐ仕事をさせてもらっています。