« 【名古屋】チョコベジサロン【春】~活動のヒントを発見しよう~ | トップページ | 「高糖度桃太郎トマト」 ~まあるく育った国ちゃんトマト~ »

『野菜教室』 特別編 さいたまに密着!
~春のやさいとなたね油~

■日時:2014年4月21日(月)19:00~20:30
■講師:牧野悦子さん ブログhttp://ameblo.jp/etsumaki/
(アクティブ野菜ソムリエ/第3回野菜ソムリエアワード 野菜ソムリエ部門 銅賞受賞)
■場所 日本野菜ソムリエ協会本部 渋谷教室
********************************************************
4月下旬だというのに、まだ肌寒い日でした。
ところが、会場に到着すると、そこは春!
お花畑のようなカラフルな空間に心が躍りました。
講師は明るいキャラクターで人気の牧野さん。
外の寒さを感じさせないアツイ講座の始まりです。
0421saitama_1 

0421saitama_2
 
埼玉県は野菜産出額が全国第6位!
埼玉県は高い耕作率、自然災害が少なく穏やかな気候、
全地域が都心から100キロ圏内に位置しているという好立地の利点を活かし、
野菜産出額が全国6位だそうです。(平成24年農林水産省統計)
埼玉県が産出額全国10位以内の野菜
コマツナ ホウレンソウ カブ ネギ ブロッコリー サトイモ キュウリ
エダマメ チンゲンサイ コンニャクイモ ニンジン など
埼玉県が産出額全国10位以内の果物
クリ ナシ ブルーベリー

今も続く雪の被害


Photo_3
Photo_5
今回、参加者の心に一番響いたのは、
今年2月の雪の被害状況の話だったと思います。
当時はニュースで大きく取り上げられていましたが、
春になっても事態は一向に改善されていません。
埼玉でブドウ農家をされている石井さんが悲惨な被害状況をご説明くださいました。
2月下旬時点で、被害総額は200億円。修繕も順番待ちでなかなか進まず、
立ち行かない状況にあります。
中には不本意ながらも農業から離れて他の職に就かれた生産者さんも
いらっしゃるそうです。説明を聞きながら、
私達、野菜ソムリエはこの状況に対して何ができるのか?

と皆が自問自答する時間でもありました。

春が旬の野菜たち
そのような大雪の中からも、春の野菜が見事に育ってくれました。
アブラナ科の野菜(白菜、コマツナ、大根など)は冬が旬!
それらは春になると「菜の花」が咲きます。
そうです、今はまさにアブラナ科の菜の花が満開の時期なのです。
菜の花はアルカロイドが豊富で、デトックス野菜としても効果が期待できます。
食べ比べでは、6種類の菜の花をいただきました。
 
0421saitama03
左上から時計回りに、ルッコラ 大根 かつお菜 チンゲン菜 
キザキノナタネ(非遺伝子組み換えの国産菜種、蜂蜜も取れるそう) キャベツ
大根やルッコラは苦味が強く、チンゲンサイとかつお菜はクセがなく
食べやすく感じました。参加者の好みは見事にバラバラ!
それぞれの味覚や趣向に合った菜の花を見つけることができたようです。

菜種油で地元を活性化!
野菜に続いて、菜種から採取した菜種油について勉強しました。
菜種の国内自給率が0.04%と低い中、埼玉県の熊谷地域では
「菜からがんばるんベア!!熊谷」をキャッチフレーズに
菜種油のオンリーワン地域ブランドの製品化に取り組んでいます。
その名は「だんべ油」
非遺伝子組み換えの熊谷産の菜種「キザキノナタネ」を使用し
化学的に合成された食品添加物を一切使用せず、
全国で唯一の「湯洗い洗浄精製法」(特許製法)により、
高い安全性を実現した油です。
地産地消、耕作放棄地の活用、食育体験など様々な思いが込められた「だんべ油」。
地域ブランドの成功事例となるよう応援したいと思います。
お楽しみ試食タイムでは、埼玉野菜やだんべ油を使ったレシピを
ご紹介いただきました。
0421saitama04
・豆苗のナムル
・だんべ油のパウンドケーキ(手作りのトマトジャム入り)
・いちごとだんべ油のドレッシング
だんべ油はナッツのような香りがするので、パウンドケーキに
とてもよく合っていました。
ワークショップでは、だんべ油を使ったオリジナルドレッシングづくりを
体験しました。
だんべ油をベースに、ジャムやゆかりなどで味つけをし、
新鮮で美味しい埼玉野菜にたっぷりつけていただきました。
題して「さいたまサラダ」です。
0421saitama05
 
野菜と埼玉への愛情たっぷり
ユーモアもたっぷりの牧野さんの巧みな話術
引き込まれ、あっという間に時間が過ぎていきました。
菜の花やトマトに囲まれたカラフルで明るい教室でしたが、
それだけではなく
「雪の被害はまだ終わっていない。
野菜ソムリエとしてできることは?」
という大きな課題をそれぞれが持ち帰った大変意義のある野菜教室でした。

********************************************************
レポート作成:土屋美佐子
ブログ:
http://misavege.blog.fc2.com/
アクティブ野菜ソムリエ
マーケティング、プロモーションプランニングの経験を活かした
野菜ソムリエを目指して日々勉強中です。