« <野菜通信コラボ企画★第7弾>
魅力的なブルーベリー
| トップページ |  【名古屋】野菜ソムリエコミュニティあいちコラボ企画 »

『野菜教室』かぼちゃ
~奥深い世界~

■日時 2014年8月21日(木)13:30~15:30
■場所 日本野菜ソムリエ協会本部 渋谷教室
■講師名 アクティブ野菜ソムリエ 川村葉子さん
********************************************************
*******奥深い世界 かぼちゃ*******
 
暑い中たくさんの参加者が集まりました。
まずは、自己紹介タイム。
の夏の思い出を1つずつ発表し、なごやかに会が始まりました。
 
野菜果物の基礎知識~夏の野菜いろいろランキング~
 
先生が作成してくださった「大人の☆なつやすみのとも」でお勉強です。
最初に、参加者全員で1人1つ夏が旬の野菜果物を発表し、
次に、大田市場の夏野菜取扱金額ランキングや、
夏野菜に含まれる栄養素のランキングを見ていきました。
 
気になるかぼちゃの基礎知識
 
 先生が持ってきてくださったかぼちゃです。
 
Photo_4
 
右から、コリンキー、バターナッツ、中山かぼちゃ、ロロンかぼちゃ。
コリンキーはペポかぼちゃ、バターナッツは、日本かぼちゃに分類されます。
中山かぼちゃは日本かぼちゃで、栃木のブランドかぼちゃです。
ロロンかぼちゃは西洋かぼちゃで、開発者の「ロマン」と栗の「マロン」から
名づけられたそうです。
一般的に普及しているのは西洋かぼちゃで、ビタミンACEをたっぷり含みます。 
 
面白いお話もしていただきました。世界中にかぼちゃの大きさを競っている人たちがいるのです。アメリカ西海岸では、「どでカボチャ世界大会」が開かれていて、
今までの最高記録は690.5キロだそうです。日本でも、毎年小豆島で日本一を
決める大会が開かれています。今年は9月21日です。興味ある方はぜひ!
 
かぼちゃの育ちを知る
 
10~30度で成育しますが、発芽には25度以上必要です。
寒いと雌花ばかりになってしまいます。単花性なので、
手作業で受粉させなければなりません。
雌花の受粉能力があるのは朝の9時ごろまでなので、大変だそうです。
そして、ツルのどの位置に着果させるかで、大きさや味が決まってくるそうです。
日焼けしないように気をつけないといけません。
 大きな特徴は、収穫直後は甘みが少ないことです。
キュアリングして、でんぷんが糖化するのを待ってから出荷されます。
 
栃木のブランドかぼちゃを知る(大平かぼちゃと中山かぼちゃ)
 
先生の地元栃木のブランドかぼちゃを2種類ご紹介いただきました。
栃木県は冬に日照時間が長いので、かぼちゃの栽培に適しているそうです。
 大平かぼちゃは南の大平地区で、中山かぼちゃは東北部の那須烏山市で、
どちらも11軒の農家さんが栽培されています。
大平かぼちゃ
 
3  4
中山かぼちゃは
 
5
 
全員がエコファーマーの認定を受けていて、1株につくツルの数や、1本のツルにつける実の数を決め、強いこだわりを持って栽培しています
大平かぼちゃは、全員で試食会を実施し、ダメなものはブランドとしての出荷を
認めないそうです。中山かぼちゃも、講習会を受けた人にしか栽培を認めないそうです。
 
6  7
 
かぼちゃのおいしい食べ方・保存法
 
見分け方のポイントは、乾燥と重量だそうです。
皮に爪がたつということは、水分が多くて柔らかいことを意味します。
ヘタの周りのコルク化もチェックポイントです。
 1_3  2_3
 
種やワタを取ってラップに包んで、冷蔵庫の野菜室で保存します。
1度お店で冷やしたものを買って常温で持って帰ると、
急速に糖化が進むので、注意が必要です。
 かたくて切れない場合は、電子レンジがよいです。
「カボチャ包丁」という長い包丁もあるそうです。
 
品種いろいろ・食べくらべ
 
今日も楽しい食べくらべの時間です。
 
・バターナッツ
・坊ちゃんかぼちゃ
・大平かぼちゃ
・ロロンかぼちゃ
・中山かぼちゃ
・白皮栗かぼちゃ
・コリンキー
 
コリンキーは生で、それ以外は蒸し器で蒸したものをいただきました。
すべて先生の地元、栃木県産です。
外観、香り、食感、食味を比較しながらいただきました。
 
Photo_3
 
かぼちゃに合うドレッシングを考える
 
グループでドレッシング作りです。まずグレープシードオイルとお酢を同量混ぜて、
そこに、岩塩、しょうが、タイム、オレガノ、パクチー、クローブの中から
好きなものを加えて2種類のドレッシングを作ります。
味のバランス(甘・塩・辛・酸・苦味)を考えながら混ぜていきました。
 
かぼちゃの簡単レシピ紹介・試食
 
今日の試食は2品です。
 
・かぼちゃのマリネサラダ
・バターナッツの冷製ポタージュ黒ゴマ風味
 
マリネサラダは、先生の育てられたマイクロトマトが見た目も味も良いアクセントになっていました。バターナッツは濃厚な甘みがポタージュにぴったりです。
黒ゴマでビタミンEを強化しています。おいしくいただきました。
Photo_6  Photo_8
 
さらに、シンプル塩かぼちゃとパンプキン・ボールのレシピもご紹介いただきました。
 
最後には、先生と参加者の橋本さんから広島県の栗マロンかぼちゃのプレゼントもあり、
みんなでにぎやかにじゃんけん大会をしました。とても充実した2時間でした。
どうもありがとうございました。
 
********************************************************
レポート作成:岡崎真理(ジュニア野菜ソムリエ)
        野菜ソムリエを目指して、楽しく学んでいます。