« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

【Specialアカデミックレストラン】春を愛でるとキレイになれる!
心と体を磨くGINZA kansei春のスペシャルビューティーランチ

**************************************************************

アカデミックレストランとは・・・

『素材を知る』『素材がお料理に変化する、その感動を味わう』

この2つの体験が同時に体験できるレストランイベントです。

素材について、お料理について、ひとりでも多くの生活者に

“知らないで食べる”から“知って食べる”体験をしてほしい・・・

私達はそう願ってアカデミックレストランを定期的に開催しています。

お腹を満たすだけでなく、頭もココロも満たすことで、

毎日の食卓や食文化をより豊かに楽しめる環境を作りながら、

21世紀の新たな外食の愉しみ方をアカデミックにお伝えしています。

***************************************************************

日時:2015年5月21日(木)

   12:30~15:00

場所:GINZA Kanosei

講師:野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザー 篠原絵里佳さん

シェフ:坂田幹靖氏



Img_9923_800x600

日本の食材にこだわり、日本の食材を知り尽くした一流シェフと、

インナービューティーのスペシャリストが饗宴する

ラグジュアリーなアカデミックレストランが

少人数制でこの日限り

GINZA Kanseiさんで開催されると知り、

すぐさま申し込んで心から楽しみにしていたこの日・・・。


お料理を創作してくださる 坂田幹靖オーナーシェフは、

野菜の活かし方に定評・絶大な支持がありますが、

野菜だけでなく日本中の様々な食材を知り尽くしたスペシャリストで、

食通をうならせ続けている上に

多忙を極めながらも料理を介した復興支援活動をされている

お人柄も素晴らしい方。


ワクワクしながら、会場に一番乗りで到着!

(日本野菜ソムリエ協会の落合さん、会場の外で迷子の私を見つけてくださり、ありがとうございました)


Img_9925_800x600

まず、案内していただいたテーブルを見てびっくり!

美しいネームカードの横には、単なるMENU表ではなく、

まるで結婚披露宴であるかのような

美しい資料が用意されていました。

資料の中には座席表、MENU表、心のこもった挨拶文と、

キレイの秘訣についてのレジュメ。

この日のナビゲーターであり、野菜とキレイのお話をしてくださる

篠原絵里佳さんが丁寧につくってくださっていました。

資料に感動している間にどんどん参加者が集まり

いよいよ開宴!

2

まずは篠原さんのご挨拶。

篠原さんは、野菜ソムリエそしてベジフルビューティーアドバイザーで、

日本抗加齢医学会認定指導士、管理栄養士、

その他多くの資格を併せ持ち、

「医×美×食」の視点から、体の内側から美を作る食を見出す、

インナービューティースペシャリスト

日頃から全国での講演活動、テレビ・ラジオ・雑誌などのメディア等で

幅広く発信されているだけあって、

そのお話の内容とお話しのしかたは

とっても魅力的で分かりやすい!

多くの人が(もちろん私も)篠原さんの大ファンです

Img_9950_600x800

【ウェルカムドリンク、自家製の梅酒】で乾杯!

梅酒は食欲増進、疲労回復、胃腸の働きを活発にしてくれるそうです。

食事を楽しみながらしっかり吸収されるように、と用意されました。


ウエルカムドリンクをいただきながら、

篠原さんから「キレイの秘訣」、

糖化を防ぐ食べ順についてのお話に聴き入ります。

本日のビューティーとは

体の中から美しくなる‘インナービューティー’・・・

‘well-Aging(Anti-Aging)’のこと。

たくさんあるビューティーポイントの中から、

・栄養バランスを整える

・酸化を防ぐ「抗酸化」

・糖化を防ぐ「抗糖化」

の3つのポイントを軸に

この日限定の特別メニューをいただきながら、

「キレイの秘訣」について学んでいきます。


8

【駿河湾桜海老のカップスープ】

桜海老600gを18人に使用しているという

贅沢で濃厚なスープをいただきながら、

自然界で最も強力な抗酸化の働きを持つ、アスタキサンチンを学びます。

ビタミンEの550倍もの抗酸化力を持つアスタキサンチンで

紫外線を浴びた私達の肌を守るように、とご用意いただきました。


3

【静岡野菜のにぎやかプレート】

カリフラワー、ブロッコリー、スナップエンドウ、高糖度トマト、

アスパラ菜、ほうれん草、大根、

シャンパンで漬けたぬか漬け・・・

野菜、色にこだわること、しっかり噛むことのアンチエイジング効果を学びます。

Img_9979_600x800_2

Img_9965_800x600

シェフ愛用のオリーブオイルが3種類ボトルごとテーブルにまわってきて、

それぞれの味を試しました。

リコピン入りの「リコリーブ」というオリーブオイルと

IOの品種違いの2種。

オリーブオイルを輸入・販売されている

株式会社イスコの五十貝さんがいらっしゃり、

オリーブオイルのお話をしてくださいました。

そして、希少なため、めったに味わうことのできない

こだわりの香り高いワインジャムも

自家製パンに付けて試食させていただきました。


Img_9967_800x600

【自家製パン】

3種のお味が楽しめるコロンと形も可愛らしいパン。

炭水化物を食べてキレイになることを学びました。


5

【静岡育ち みっかび牛のステーキ】

なんとも軟らかく、口いっぱいに広がる旨味!

マッシュポテトもなめらかで

牛肉を漬け込んでいて旨味がしみているオニオンソースも美味しい!

高級なステーキをいただきながら

牛肉、たまねぎの持つ女性を磨くパワーについて学びます。


7

【デザート盛り合わせ バナップル・パパイヤ・醤油のマシュマロ・

発酵バターのフィナンシェ・小豆添え】

小豆は、岩泉町の「すだれ小豆」といって、めったに流通しない貴重な小豆です。

より健康になる栄養素を取り入れることについて学びました。

Img_9937_800x600

途中、本日の前菜とメインに使用される新鮮な食材を

坂田シェフがお持ちになり、テーブルをまわりながらご紹介くださいました。

この日の特別メニューの食材は静岡県の食材です。

産地にこだわり、食材にこだわることも、キレイの秘訣。

大切に育てられた食材には、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

静岡といえば、「みかん」

みかんの栄養と人への効果効能も、浜松医科大学で研究が進んでいて、

中でもみかんのβクリプトキサンチンの血中濃度が高いと

骨のアンチエイジングにも良いとのデータも発表されています。

6

日本一高い富士山や日本一深い駿河湾をはじめとする多様な風土に恵まれた静岡県は、

みかんだけでなく、農林水産物の豊富さは全国トップであり、

「食材の王国」と言われています。

静岡県経済産業部振興局マーケティング推進課の

加々美 副班長が静岡食材の素晴らしさについてお話しと、

素敵なお土産、オトワファームの「jus de mikan」をくださいました。

1

静岡県の素晴らしい食材を使った

坂田シェフの心のこもった美味しいお料理をいただきながら

坂田シェフからは食材やお料理について、

篠原さんからは、体の声の解説、心と体、インナービューティーを磨く栄養素について、

たっぷりと聴かせていただいた贅沢な時間。

坂田シェフも篠原さんも、会場の中を移動しながら、

いつでも気軽に質問しやすいようにと

全ての参加者のすぐ近くに来てお話してくださる、

お二人のお心遣いもとても嬉しかったです。

10 Img_9999_800x600


素晴らしいアカデミックレストランに心から感動しました。


篠原さんの閉宴のご挨拶、

「美味しいお料理は、体が喜ぶ組み合わせ・・・‘美味しい’は体の声。

食を通して心も体も、今よりずっと美しく。

幸せは伝染していきますよ!」

という爽やかで優しい声と

美味しいお料理、楽しい会の余韻に浸りながら、

すっかりキレイになった気分になって

大満足した笑顔の参加者のみなさんと一緒に

お店を後にしました。。。

2_2






レポート:大熊真理

アクティブ野菜ソムリエ、ベジフルカッティングスペシャリスト、ベジフルビューティーアドバイザー。

自宅や外部で開催している日本野菜ソムリエ協会認定料理教室「野菜&果物☆ビューティーサロン」では、カッティングと、美容に関わる観点からの野菜・果物の魅力も伝えている。

ブログ   http://ameblo.jp/vege-fru-beauty-mari/

**************************************************************

次回のアカデミックレストランは・・・



【Specialアカデミックレストラン】
HATAKE AOYAMAの真髄を極める!
初夏のイタリア料理とナイフの技法

を開催致します!

ぜひお楽しみに!

***************************************************************

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »