« 野菜教室「とことん楽しむ♪~香り豊かなぶどう編~ | トップページ | 野菜ソムリエサークル~ゲスト:山本久美子~ »

とことん楽しむ土田美緒の野菜教室〜実は旬がある!キウイフルーツ編〜

とことん楽しむ土田美緒の野菜教室〜実は旬がある!キウイフルーツ編〜

●日時:2015年11月17日(火)11:00~13:00

●講師:野菜ソムリエ 土田美緒

●場所:協会本部 名古屋教室

************************************************

Img_5460

ジュニア野菜ソムリエの資格を取得してから、
毎月の「野菜教室」にほぼ毎回休まず通っております。

今月は、国産は旬。。。という「キウイ」。

皆さん、「国産キウイ」が11月頃が旬だと知っていましたか?
なんとなく、夏っぽいイメージありませんか?
ニュージーランド産が多いからかもしれません。

また、興味がある人は少ないかもしれませんが、
キウイは何と、「マタタビ科マタタビ属」の植物。
「マタタビ」、、、って??
猫を飼っていた経験のある方なら良くご存知でしょう。
猫が臭いを嗅ぐと陶酔してしまう植物(木)ですよね。
よくそんな木からこんな甘くておいしい果物が出来たものです。

キウイのお話の後は、たくさんの種類のキウイを食べ比べです。
いつも「野菜教室」で驚かされるのは、
今まであまり品種を意識していなかったメジャーな野菜・果物に、
とてもたくさんの品種があること。

いつも食べている、グリーンの甘酸っぱい「キウイ」は、「ヘイワード」。
甘味の強い黄色の「ゴールドキウイ」は、、
ニュージーランド・ゼスプリ社の「ホート16A」と言うそうです。

ここにはもっと細かく、
赤いキウイ「紅鮮」や、涙型のかわいらしい「ティアドロップ」など、
様々な「キウイ」が並びました。

これらは全て国産。
静岡県掛川市の「キウイフルーツカントリーJapan」と言う農場で作られたそうです

「キウイ」と言えば、もちろんニュージーランドってぐらい、
外国の、しかも温かい国の果物とばかり思っていましたから。

Img_5470

キウイの歴史や栄養価の話などは長くなるのでここでは割愛させて頂きますが、
ただ、一番私が興味を持ったのは、
この「キウイフルーツカントリーJapan」の園長「平野正俊さん」について。

今から約30年前…若かりし頃の平野さんはアメリカに農業研修に行き、
2年間の生活の中で「キウイ」に出会い、その可能性にほれ込み、
苗木を持ち帰る許可が下りなかったため友人からもらった
ティースプーン一杯の種を持ち帰り
「キウイ」栽培の一歩を踏み出した。。という、壮絶なお話。
こういったお話もとても興味深かったです。

静岡は近いので、一度お邪魔したいと思います。
苗字も同じで親近感もありますので。。。

Img_5475

勉強だけでなく、食べるのも楽しいこの「野菜教室」
最後はいつも先生方の考案したレシピのオリジナルディッシュの登場

今日の先生は、とにかく明るい土田美緒先生。
キウイを使った、ホットサンド、ピクルス、ドレッシング&サラダ、チョコベジスムージー。

Img_5500

とても美味しかったです。
ありがとうございました。

***************************************
【レポート作成者】
野菜ソムリエ 平野勤也